このウェブサイトは第三者のプロファイリングcookiesを使用し、お客様がウェブサイトの閲覧中に指示した設定に合わせてサービスを提供します。このウェブサイトを引き続き閲覧されることにより、cookiesの使用に同意したことになります。 このような処理を拒否されたい場合は、当社のCookieポリシーに記載の説明をお読みください
すべてのCookieを許可

道路標識自動認識システム

道路標識自動認識システム(TSR)は、通過した交通標識を識別して記録するため、あらゆる道路を走行しているときでもドライバーが交通標識を見落とした場合に役立ちます。

道路標識自動認識システムは、ルームミラーの裏側に設置された前方監視デジタルカメラとナビゲーションシステムのデータを用いて交通標識をモニターします。

次の3種類の標識を検知することができます。
1. 速度制限標識
2. 一時的な速度制限標識
3. 追い越し禁止ゾーンの標識

システムは、すべての情報と関連するアイコンをインストルメントパネルの上部に表示することで、交通標識の存在をドライバーに伝えます。

ナビゲーションシステム

道路標識自動認識システムは、道路上にある交通標識をカメラが検知できない場合でも、ナビゲーションシステムのデータを使用して情報を提供します。いくつかの事例は下記のとおりです。

  • 視界不良: 不十分な道路照明、豪雨、雪、濃霧
  • 光の反射: 直射日光または対向車のライトによる強い光の反射
  • 交通標識の損傷: 削られた標識、消えかけた標識、色あせた標識、壊れた標識
  • 支柱の回転または脱落: 特に工事現場の近くにいるとき

ご留意ください

  • 不十分な道路照明、豪雨、雪、濃霧などにより視界が悪い場合、ドライバーは、すべての交通標識を常に認識しなくてはなりません。
  • インストルメントパネルの表示モードと警告の感度は自由に設定可能です。
  • 速度制限標識を表示するタイミングは、車両の速度が制限速度に達したとき、制限速度を5km/h、または10km/h超過したときのいずれかに設定することができます。

この機能を搭載したモデルを見る

Maserati Ghibli
GHIBLI

You're Not Like Everyone Else

Maserati Levante
LEVANTE

The Maserati of SUVs

Maserati Quattroporte
QUATTROPORTE

An Icon of Italian Elegance

試乗予約

この機会にぜひ、マセラティをご体感ください。