レヴァンテ
ハイブリッド

Performance Charged

道を選ばない
ハイブリッド

常識に捉われず、立ち止まることもなく。レヴァンテ ハイブリッドは、パフォーマンスとスタイルをさらなる高みへと押し上げ、効率も向上したマセラティのSUVです。マセラティの咆哮が心を揺さぶり、日常さえもドラマチックに演出します。

妥協なきパフォーマンス

レヴァンテに新たに搭載されるハイブリッドテクノロジーは、辿る道のすべてを、気分が高鳴る冒険へと変貌させます。どのような道も、悪天候でも。           

マセラティのグランドツーリング性能が、今日もまた貴方を地平線の先まで誘います。

最大出力
最高速度

Acceleration

0-100 km/h

トラクション

計り知れない可能性を、効率よ

あらゆる束縛から解き放たれた自由を。燃料消費と排出ガスを大幅に低減させたレヴァンテ ハイブリッドが、距離に縛られず、より充実した旅へと、貴方を誘います。しかもパフォーマンスは妥協する必要はありません。
 
 
 
高効率の飽くなき
追求
レヴァンテに搭載されるハイブリッドシステムは、350PSを発生するV6ガソリンモデルと同等のパフォーマンスを、18%少ない燃料消費量で実現します。先代ディーゼルモデルを上回る余裕の走り。パフォーマンスに一切妥協せず、圧倒的な高効率を実現しています。
高効率の飽くなき
追求
レヴァンテに搭載されるハイブリッドシステムは、350PSを発生するV6ガソリンモデルと同等のパフォーマンスを、18%少ない燃料消費量で実現します。先代ディーゼルモデルを上回る余裕の走り。パフォーマンスに一切妥協せず、圧倒的な高効率を実現しています。
RECHARGE, RE-BOOST, REDISCOVER
スローダウンは、その後のパフォーマンスのため。減速したりブレーキを踏むたびにエネルギーが電気へと変換され、その後のパフォーマンスに寄与します。
RECHARGE, RE-BOOST, REDISCOVER
スローダウンは、その後のパフォーマンスのため。減速したりブレーキを踏むたびにエネルギーが電気へと変換され、その後のパフォーマンスに寄与します。
 
 

パワーのその先へ

レヴァンテ ハイブリッドは、2リッター直列4気筒エンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、システム最高出力330hpを生み出します。eブースターがいつでもどのような道でも、必要な場面でパワーアシストを行い、ダイナミックな走りを実現します。

彫刻のような
美しさと力強さ

美しいSUVプロポーションと優雅なラインによってひと目でそれとわかるレヴァンテの普遍的なデザイン。レヴァンテ ハイブリッドでは内外装には専用のディテールが与えられ、存在感が高められています。
/
ハイウェイ・アシスト・システム(高速道路運転支援システム)
高速道路での走行時、より安心してドライブをしていただくためにハイウェイ・アシスト・システムを搭載。フロントグリルに内蔵したレーダーと車両前方を投影するカメラを駆使し、任意で設定した先行車との距離や車速をキープ。車線中央付近を維持して走行するように、ステアリング操作も支援します。
MIA(マセラティ インテリジェント アシスタント)
Android Automotive OS搭載の新世代MIAは、ユーザーに合わせて様々な用途に対応します。画面アスペクト比が16:10の8.4インチHDタッチスクリーンはフレームレスデザインを採用。各種グラフィック類も一新しています。また、グラスのエッジ部分がエレガントに湾曲した美しいデザインをいち早く採用しているのも、新しいMIAの特徴です。
マセラティ コネクト
愛車の健康管理はもとより、最新の地図や交通情報をリアルタイムで入手できるマセラティ コネクト。さらに、MIA(マセラティ インテリジェント アシスタント)はAmazon Alexaによる音声認識機能も搭載するうえ、車内をWiFiホットスポットとして利用することも可能です。
ZF製8速オートマティック・トランスミッション
先進のZF製8速オートマティック・トランスミッションは、変速がより素速く進化。より洗練で快適さを増したATは、燃費性能の向上にも一役買っています。また、走行モードもシチュエーションに応じて切り替えが可能。「ノーマル」「スポーツ」「オフロード」、そして「I.C.E.(効率重視)の4モードに加え、トロフェオのモデルには「コルサ(レース)」モードも設定しています。
エアクオリティ・センサー
レヴァンテには、車内へ有害な空気や排ガスが侵入するのを防ぐため、信号分析システムを備えた先進のエアクオリティ・センサーを装備しています。
サウンドシステム
道路上でも、比類なきオーディオ体験を。無数のテストと調査を重ねて開発したHarman KardonおよびBowers & Wilkinsのサウンドシステムを用意。いずれもマセラティの車内環境へ徹底的に最適化した設計となっています。
Harman Kardon プレミアム・サウンドシステム
レヴァンテは乗員の視線だけでなく、キャビンの音響環境もより高みへと導きました。特別に開発されたHarman Kardon プレミアム・サウンドシステムをオプションに設定。高性能900Wアンプを中心に、ラジオやMP3プレイヤー、iPhone、オーディオ・ストリーミングなど、様々な音源を問わずリッチで繊細なサウンド品質を提供します。さらに、12の独立チャンネルが車内環境に合わせて完璧なサウンドバランスを実現。ツイーター×4、ウーファー×4、中音域ユニット×5、そして20リットルの低音域サブウーファーで構成する高出力の14スピーカーも入念に配置し、どの座席にいても臨場感あふれるサウンドをお楽しみいただけます。
Bowers & Wilkins サラウンド・システム
レヴァンテのキャビンに最高峰の音響空間を望む方々のために、Bowers & Wilkinsのサラウンド・システムをご用意しました。中音域用ユニットや、ケブラーとRohacellを用いたリア・ウーファーで構成する17スピーカーを配置。1280Wのアンプとともに、車内全体に圧巻のサウンドを提供します。また、音響信号をデジタルに再構成し、録音時のオリジナル音源を再現するQuantumLogic™サラウンド・サウンド・テクノロジーを搭載。まるでコンサート会場にいるかのような、、迫力あるサウンドがキャビンを満たします。
電動サンルーフ
ティンテッドグラスを用いた電動サンルーフもご用意しています。手動で開閉できるサンシェードを備えたグラスルーフは、フルオープンに加えて後方チルトも可能。チルトの場合は前方にフラップが自動で立ち上がり、車内への空気の巻き込みを防ぎます。
4ゾーン独立調整オートエアコン
後席空間の快適性も重視し、4ゾーンそれぞれに温度調整が可能なエアコンシステムをオプションに設定。標準装備のデュアルゾーン・オートエアコンは、センターコンソールに温度設定、および風向調整スイッチを搭載し、フロア側/ピラー側それぞれに分けて調整することが可能です。
可倒式リアシート
後席は60:40の分割可倒式。スキー板やスノーボードといった長尺・大容量の荷物も安全に収納いただけます。さらに、片側は完全にフォールディングすることが可能。荷室から続くフラットなスペースは様々な積載物に対応します。
エンジンサウンド
どこまで旅をしても、変わらぬマセラティの轟音を奏でます。 それはハイブリッドであっても何ひとつ変わりありません。マセラティSUVの誇り高い走りを貴方に。
お問い合わせフォーム
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
*
*
ご希望のリクエスト
*
*
*
*
*
ご試乗をご要望の場合は、販売店より試乗の日時、車種などを確認させていただき、最終的に試乗お申し込みの完了となります。ご試乗いただく車をご用意するのに、お時間を頂く場合がございます。

*
*
*
*
*
*
*

*
*入力必須項目
※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。