詳しく見る
VIEW ALL
ハイブリッド
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
MC20
MC20 Cielo
GranTurismo
Fuoriserie
Special Series
History
Values
Stories of Maserati
Experiences
Partners
Legacy
Fuoriserie
Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
Maserati Approved
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
Maserati Driving Experience
Factory Tour
Ermenegildo Zegna
Sonus Faber
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険

マセラティ、「レヴァンテ GTS」を日本初披露

A1110138
READ MORE

世界初 太平洋上にて発表会を開催

マセラティジャパン株式会社(代表取締役:グイドジョバネッリ、本社:東京都港区)は、2018年8月19日、レヴァンテ初のV8エンジン搭載モデル、マセラティレヴァンテGTSを太平洋上の大型客船上にて日本初披露いたしました。太平洋上での新車発表は世界初の試みです。


これは8月18日から4日間に渡る横浜から上海までの顧客向けイベント「Maserati Japan Tridente Experience 2018」―マセラティ・ブランドの世界観をあますことなく洋上にてお楽しみいただく、というこれまでになく大規模かつエクスクルーシブなイベントの中で実現したものです。同船のプライベートクラブとも言える「MSCヨットクラブ」をマセラティが貸し切り、4日間に渡るイベントを開催しました。船内には特設ショールームを設置し、ブランドヒストリーを紹介した他、マセラティ純正アクセサリーやマセラティのグローバルオフィシャルパートナーであるErmenegildo Zegnaの最新コレクションを展示しました。


8月18日夕刻、この「Maserati Japan Tridente Experience 2018」のために全国から集まった60組のお客様をスタッフが出迎え、イタリア最大級の船会社MSCクルーズの客船「MSCスプレンディダ」に乗船、横浜・大黒埠頭から出航しました。


8月19日には本イベントのメイン・アクティビティとなる「ニューレヴァンテGTSジャパンプレミア」へとお客様をご案内。最上階にあるヨットクラブメンバー専用エリアを貸し切った会場には、洗練された装いに身を包んだお客様が集まりアンヴェールの時を待ちます。そして、ライトアップされたプールサイドにひときわ映える「ニューレヴァンテGTS」を初披露。会場の盛り上がりは最高潮に達しました。


「ニュー レヴァンテGTS」は、7月に英国で開催された「第25回グッドウッドフェスティバルオブ スピード」において世界初公開。「ニューレヴァンテGTS」の3.8
リッターV8ツインターボは、マセラティ史上もっともパワフルなエンジンのひとつに数えられます。フラッグシップのクアトロポルテGTSに搭載されるV8ユニットと同じく90°のバンク角をもつ基本レイアウトを維持しながらも、レヴァンテのQ4インテリジェントAWDシステムに対応するための改良が施されています。既存のV8ユニットをさらにリチューンすることで、最高出力550ps/6,200rpm、最大トルク730Nm/2,500-5,000rpmを発生する最新のV8エンジンに、操作性を向上させた新デザインのシフトレバー採用のZF製8速オートマチックギアボックスを組み合わせ、0-100km/h加速4.2秒、最高速度292km/hを達成しています。エクステリアはエレガンスとスポーティさをより際立たせ、インテリアでは革新的な装備と最上の設えによってイタリアの美学と走りへの情熱を体現。


さらに、船上には「マセラティグランカブリオSport」も展示。美しい空と海を背景にした格別なシチュエーションで、優雅かつパワフルなドライビングを楽しめる2つのモデルのそれぞれの魅力を存分に伝えました。


今回の発表会に際し、マセラティジャパン代表取締役社長のグイド・ジョバネッリは次のように述べています。


「クルーズとマセラティ、一見何も関係のないように思えるこのふたつには実は共通点があります。それは移動そのものを愉しむということ。マセラティのモデルはいずれも”グランドツーリング”という考えに基づいて作られています。つまり単なる移動の手段ではなく、食事や仲間たちとの語らいなどその過程を愉しみ新たな発見をしていくというライフスタイルなのです。このクルーズを通してマセラティに乗るというライフスタイルをより深く理解していただけるものと信じています」

イベントレポート

B1150014
READ MORE