詳しく見る
VIEW ALL
ハイブリッド
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
MC20
MC20 Cielo
GranTurismo
Fuoriserie
Special Series
News of Maserati
History
Collaboration
Special Experiences
Fuoriserie
About Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
Maserati
Classic Cars
Ermenegildo Zegna
Sonus Faber
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険

マリア・テレーザ・デ・フィリッピスを称える 新F トリブート スペシャル エディション

LEV_orange_ext_3_4_front_hires_1920x1080
READ MORE

モデナ発、2022年10月13日、マセラティが持つスポーツカーのDNAから着想を得た、Fトリブート・スペシャル・エディションが新たに誕生しました。ギブリおよびレヴァンテをベースとしたこのスペシャル・エディションは、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスと彼女の勇猛果敢なストーリーを称えるモデルです。マリア・テレーザはF1グランプリに参戦した初めての女性であり、マセラティ250Fのステアリングを握ってレースに挑みました。

F トリブート スペシャル エディションは、マリア・テレーザ・デ・フィリッピスの強靭な精神と、トライデントブランドとレーシングワールドとの時代を超えたつながりに着想を得て生まれました。ギブリおよびレヴァンテをベースとしたこの限定モデルは、アランチョ・デビル(Arancio Devil)とグリージョ・ラミエーラ(Grigio Lamiera)からなる2つの特別色にてご用意しております。

スポーティな美しさと思わず見入らずにはいられないほどのディテール。これらにより、F トリブート スペシャル エディションのスポーツ性を新な次元に押し上げたモデルです。外観を見るだけで、サーキットでのアドレナリンがほとばしるような感覚を味わえます。ボディカラーのアランチョ・デビルは、マリア・テレーザのニックネーム「the she-devil (ザ・シー・デビル)」を想起させる力強いエネルギーと大胆さを併せ持つ特別なオレンジ色です。

一方で、グリージョ・ラミエーラのグレーはサーキットから着想を得たカラーです。サーキットとはマセラティが勝利を収め、最高のパフォーマンスを発揮してきた真の「ホーム」と言えます。

アランチョ・デビルの外装に合わせて、新カラーのグリージョ・オパコ(Grigio Opaco)でホイールをご用意しました。レヴァンテ F トリブートには21インチのアンテオホイールを、ギブリ F トリブートには21インチのティターノホイールを採用しています。ホイールリムのディテールにコバルトブルーが使用されている他、フェンダーには特別なバッジが、Cピラーにはトライデントロゴが配されています。

グリージョ・ラミエーラのボディカラーの場合、ホイールにはグロスブラックが採用されています。これとコントラストをなすように、特別なバッジやトライデントロゴといったディテールにはオレンジ色が使用されています。

こうしたエクステリアカラーを堪能しつつキャビンへ入ると、今度はカラフルなインテリアカラーの世界が広がっています。ブラック、またはオレンジとナチュラルなピエーノ・フィオーレ(PienoFiore、フルグレイン)のレザーが張られたシートには、コバルトブルーとオレンジのステッチが施されています。

1955年10月にデ・フィリッピスは、マセラティA6GCS(Luigi Bellucciと共用)を引っさげて、第39回タルガ・フローリオに出場しました。総合9位(2リッタークラスでは4位)の成績を達成したこのレースは、彼女のレース人生のターニングポイントとなりました。次々と挑戦を重ね、様々な慣例を打ち壊していったマリア・テレーザ・デ・フィリッピスは、1958年に再びマセラティに乗って女性として初めてF1に参戦しました。

それから67年後の2022年10月現在、マセラティに受け継がれるレーシングスピリットと、サーキットでの革命的な勝利を称えるため、Fトリブート スペシャル エディションが登場します。

優美さ、卓越したパフォーマンス、そしてスポーツ性。これらを体現したスペシャル エディションを通して、マセラティとマリア・テレーザ・デ・フィリッピスはあらためてその絆を強めました。この絆は不屈の精神と勇気を伝えるストーリーと言えます。サーキットの中でも外でも決然と未来を見据え、常に旺盛なチャレンジ精神を持って、競い勝利する力を象徴しています。

日本での予価は、ギブリ モデナが17,880,000円(税込)、レヴァンテ モデナが19,580,000円(税込)を予定し、日本導入は2023年の第一四半期頃を予定しています。日本ではアランチョ・デビル(Arancio Devil)はギブリ、レヴァンテ、各限定1台、グリージョ・ラミエーラ(Grigio Lamiera)は限定各5台を販売予定です。

READ MORE