モデナ路上でカモフラージュカーが走行 エンジンは100%マセラティ製

MMXX: The Way Forward に関する最新情報(2020年3月18日) 詳細はこちら

 

モデナ発、2019年11月20日 – 新しいマセラティエンジンを搭載したミュールカーがヴィアーレ・チーロ・メノッティ(マセラティ本社)のゲートを出発。


このマセラティのニューモデルの”ミュールカー”はカモフラージュが施され、2020年5月に予告されたイベントへの期待を高めます。


クルマの中央には新しいエンジンが搭載されています。


革新的な燃焼システムを備えたこの新しいパワートレインは、開発から組み上げに至るまで全てがマセラティで行われ、今後開発されていくマセラティモデルに搭載されるエンジンファミリーの第一陣となるものです。
 

このミュールカーの路上テストデータは、マセラティ・イノベーション・ラボにある最先端のドライビング・シミュレーターからの数値と統合され、数々の調整を経て、最終的なボディワークと機構を備えたプロトタイプへと仕上げられていきます。
 

マセラティ S.p.A.

マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。

※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。