マセラティグレカーレ80台以上のプロトタイプを使用し巨大なトライデントを形成

01_Maserati_Grecale_Invasion_square

モデナ発–グレカーレのエネルギーは、マセラティの生まれ故郷から始まり、ミラノの街を駆け抜け、そして世界を制覇するまで、とどまることを知りません。この度、グレカーレのエネルギーを表現すべく、プロトタイプ80台を使用し、全長100メートルを超える巨大なトライデントを形成しました。現在、250台以上の開発モデルが、日本とアメリカ、アラブ首長国連邦と中国、フィンランドとイタリアに分散しています。

この新しいモデルは、2022年にミラノで開催予定の全世界を巻き込んだイベントで、マセラティが未来のモビリティの舞台で脚光を浴びるときに、世界に向けて発表される予定です。

00_Maserati_Grecale_Invasion_desktop

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps  V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカートジョバンニアニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレチロメノッティ工場で生産されています。