/
track_record_1920x1080 track_record_810x1440
TRACK RECORD
TRACK RECORD
勝つために競います。私たちのストーリーは、壮大な勝利、破られた記録、不屈のドライバーで語られます。1929年にマセラティの16気筒 V4のハンドルを操り、時速246kmでクラスCの世界記録を樹立したマリオ・ウンベルト・ボルツァッキーニや、マリア・テレサ・デ・フィリッピスなどのモータースポーツの世界に消えない足跡を残した多くの異端者抜きでは語られません。
250F_1920x1080 250F_810x1440
THE 250F
THE 250F
ロングノーズとスクワットテールを備えた250Fは、これまで製造された中で最も美しいシングルシーターの1つと言われています。発表後すぐにスターダムにのし上がり、1954年のアルゼンチングランプリでデビューし、ファン・マヌエル・ファンジオが輝かしい勝利を収めました。1958年、先駆者のマリア・テレサ・デ・フィリッピスがハンドルを握り、新しい種類の記録を打ち立てました。
glory_days_1920x1080 glory_days_810x1440
GLORY DAYS
DEFYING EXPECTATIONS
不可能が可能になる瞬間があります。わずか22歳のマリア・テレサ・デ・フィリッピスは、男性の仲間を横目に、レースの世界に堂々と参入しました。勝利に次ぐ勝利で、彼女は1958年まで大会に挑戦し続けました。その年、彼女はF1に参加した最初の女性となります。この時に彼女が選んだマシンは、マセラティ250Fでした。
※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。