詳しく見る
VIEW ALL
HYBRID
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
GranTurismo
MC20
MC20 Cielo
Special Series
News
Stories of Maserati
Corse
History
Maserati Collection
Collaboration
Special Experiences
Fuoriserie
Our Values
About Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
マセラティブランド保険
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
車を探す
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
マセラティブランド保険
Race Beyond
Formula E
GT2
MCXtrema
Maserati
Classic Cars
Sonus Faber
Maserati Driving Experience
Factory Tour
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険
車検早期予約プログラム
新車を探す
認定中古車を探す
Header Levante Header Levante
Levante
マセラティのフラグシップSUV
MASERATI LEVANTE

コンセプト:マセラティに相応しい走りを実現する

マセラティ レヴァンテは熟成を重ね、MY22でフラッグシップSUVとして完成の域に達したと言ってよいであろう。

そもそもマセラティは前世紀からSUVの可能性のリサーチをはじめており、ジウジアーロと手を組んで幾つかのコンセプト・モデルを発表している。目の肥えたマセラティスタの眼鏡に叶う一台に仕上げる為の長い道のりがそこにあったのだ。

「私達の頭の中には、スタートの時点で、フラッグシップSUVのイメージは出来上がっていました。レースに起源を持つマセラティというブランドに相応しい走りを実現するというのが最も重要なコンセプトでした。加えてマセラティ・ロードカーの伝統である素直なハンドリングを持ち、誰でも着実に車両をコントロールできるということ。そして大いなる走りの楽しみを感じられるということも同じく重要なポイントでした。」とは、3200GT以来、マセラティ歴代モデルのチーフエンジニアを務めたロベルト・コラ-ディ。

開発秘話

レヴァンテの開発過程において、50:50の前後重量配分、低重心化、空力の最適化に大きく拘ったという。そのシャーシは社運を掛けて全面刷新した現行クアトロポルテを起源とするところにある。しかしそれは単なるサルーンの全高をストレッチしたような安易なものでは決してない。シャーシ自体、適材適所で様々な新素材を採用しているし、サスペンションの設計も大きく異なっている。車両サイズの近いギブリとも異なったホイールベース長を設定しているところからもその拘りが解る。

マセラティとしてはじめて採用されたエアサスペンションもレヴァンテのエレガントかつスポ-ティというキャラクター設定に大いに貢献している。車高も使用用途やドライブモードに応じて6段階にアジャスト可能となっている。

また、空力特性も背の高いSUVにとっては重要なファクターだ。速度に応じて車高をオートアジャストするエアサスペンションとCx値を劇的に向上させたフロントエアシャッターにより、高速コーナーにおける路面追従性はSUVとして類を見ないものだと前出のコラ-ディは胸を張った。

スタイリングは世界のマセラティスタがこぞって賞賛した美しい2+2クーペ「アルフィエーリ・コンセプト」のDNAを受け継いでいる。このコンセプト・モデルは残念ながら市販化されなかったが、そのフロントやリアのモチーフを受け継いだレヴァンテの美しい姿は今も色あせることはない。

現行レヴァンテのモデルラインアップ

さて、レヴァンテMY22においてはV8エンジン搭載のトロフェオ、V6エンジン搭載のモデナ、そして最新のハイブリッドモデルのGTという3モデルがラインアップされている。

トロフェオ

トロフェオはマラネッロ製の580PS  730Nmを発揮するツインターボV8 3.8Lエンジンを搭載し、最高速度302km/h、0-100km/h加速4.1秒というハイパフォーマンスを誇る。このフラッグシップV8モデルは先だってその生産終了がアナウンスされており、マセラティ最後のV8エンジンとなる可能性が高い。パフォーマンスと実用性が高いレベルでマッチングする最高峰モデルとして手に入れておきたいモデルだ。

モデナ

モデナはトロフェオと同じくマラネッロ製V6エンジンを採用している。こちらもツインターボ 3L、430PPS 580Nm、0-100km/h加速5.2秒秒を誇る。パフォーマンスはトロフェオに劣るが、V8と基本設計を同じくするマセラティらしいスポーツエンジンだ。

GT

そして2021年の年末に発表されたのが、初のハイブリッドSUVとなるレヴァンテGTだ。

ターボチャージャー付2Lエンジンにe-Booster(電動過給)が装着された48Vマイルドハイブリッドモデルであり、330PS 450Nm 0-100km/h加速6.0秒というスペックを持つ。このパワートレイン自体とてもコンパクトであり、車体の軽量化にも寄与している。低速時のレスポンスがきわめて良好なe-Boosterの効果と相まって、日常使用においてはV6エンジン搭載モデルと互角の走りを見せてくれる。マセラティのフラッグシップであるレヴァンテを環境にも優しく、かつ経済的に楽しむことのできるGTモデルの存在感は極めて高いと言えるであろう。

完成の域に達したレヴァンテ

レヴァンテはフラッグシップたるその成り立ちに相応しい乗り味と質感を供え持ち、オーナーとなったマセラティスタを決して失望させることはないであろう。スポーティでありながらも重厚なハンドリングはマセラティサルーンの伝統を引き継いだものであり、ラグジュアリーなインテリア、レザーの風味を活かしたフィット感満点のシートはまさにマセラティならではの世界観だ。リアシートの快適性やラゲッジスペースも充分であり、ハイブリッドモデルでもバッテリー等の装着でスペースがスポイルされるところはない。最新のシステムへと絶えずアップデートされ、今や完成の域に達したレヴァンテ。ラインナップも広がった今こそまさに注目の一台ではないであろうか。
Levante 18
Levante 18
Read More
Read More