詳しく見る
VIEW ALL
ハイブリッド
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
MC20
MC20 Cielo
GranTurismo
Fuoriserie
Special Series
History
Values
Stories of Maserati
Experiences
Partners
Legacy
Fuoriserie
Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
Maserati Approved
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
Maserati Driving Experience
Factory Tour
Ermenegildo Zegna
Sonus Faber
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険

新型マセラティ グラントゥーリズモ登場

maserati_gt_folgore_hero
READ MORE

モデナ発、2022 年 10 月 3 日 - マセラティブランドのアイコンであるマセラティ グラントゥーリズモが帰ってきました。マセラティは、新型グラントゥーリズモを発表し、75 年前のマセラティ A6 1500 から始まったそのシリーズのストーリーに新たな章が追加されます。

新しいグラントゥーリズモ クーペは、パワフルな内燃機関モデルと革新的な 100%電動モデルの両方からお選びいただくことができ、どちらのモデルにも共通して、スポーツカー特有の高いパフォーマンスと、長距離走行に適した快適性を兼ね備えています。このモデルは、"The Others Just Travel(人生を彩る快適な旅)"のコンセプトを具現化し、ブランド史上初の100%電気パワートレインを採用することで、マセラティの未来への前進を象徴するモデルです。

新型グラントゥーリズモのデザインは、美しさと機能性の理想的なバランスを表現しており、虚飾要素は一切ありません。 紛れもなくユニークで、一目でそれとわかるラインと、クラス最高の力学を補完するにふさわしいピュアなそのフォルムは、クルマの正統性と洗練されたデザイン要素を際立たせています。 長いボンネットと4本のフェンダーが交差する中央のボディは、マセラティの全てのモデルに共通するクラシックなプロポーションを踏襲しています。逆にルーフラインはダイナミックに下がり、アイコンであるトライデント(三叉槍)のロゴを配したピラーのカーブが強調されています。

マセラティ・イノベーション・ラボで開発され、トリノのミラフィオーリの製造拠点で生産されるグラントゥーリズモは、100%イタリア製で、マセラティの全モデルに共通するコンセプト「イタリアン・ラグジュアリー・パフォーマンス」を象徴しています。

新型クーペには、マセラティが開発した革新的な V6 ネットゥーノエンジンが搭載された 2 つのバージョンが用意されています。「モデナ(Modena)」には 490ps の 3.0 リッターV6 ネットゥーノツインターボ、 「トロフェオ(Trofeo)」には、「モデナ」のエンジンをベースに最高出力 550ps まで高めたハイパフォーマンスモデルが用意されています。また、グラントゥーリズモ フォルゴ―レは、100%電気自動車用バッテリーを使用したパワートレインを採用しています。フォルゴーレは、フォーミュラ E で培われた最先端の技術で開発された 800 ボルト技術をベースに、300kW の強力な永久磁石モーターを 3 基搭載し、優れたパフォーマンスを発揮します。

バッテリーの公称容量は 92.5kWh、放電容量は 560kW で、これにより連続的に約 760ps をタイヤに伝達することができます。 このバッテリーの仕組みと革新的な配置により、スポーティさを損なうことなく、車高を1353mm に抑えることができました。また、T ボーンと呼ばれるバッテリーパックの形状は、マセラティの「ゼロ・コンプロマイズ(妥協を一切しない)」アプローチの一環であり、バッテリーモジュールをシート下に配置せず、主にセンタートンネル周辺に移動させることにより、車高を大幅に下げることに成功しました。

技術的な構造面では、革新性の結果としてアルミニウムやマグネシウムなどの軽量素材と、高性能スチールの両方を使用しています。この複数の素材を使用するという手法には、新しい製造プロセスが必要であり、その結果、クラス最高の重量レベルが実現されました。
このアプローチは、最大 0.002 秒の速度で送信される canFD メッセージに基づく新しいアトラス・ハイ電気/電子構造と組み合わされています。また、レベル 5 の高度なサイバーセキュリティとフラッシュ・オーバーザ・エア機能を備えています。その支柱となるのが、マセラティが 100%手掛けた VDCM(ビークル・ドメイン・コントロール・モジュール)マスターコントローラーです。これは、あらゆる状況下で最高のドライビング体験を実現するために、最も重要なクルマのシステムを 360 度コントロールするソフトウェアで構成されています。

インテリアでは、マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)のマルチメディアシステム、最新のインフォテインメント、主な機能をタッチスクリーンのインターフェースに集約したコンフォート・ディスプレイ、デジタルクロック、ヘッドアップ・ディスプレイ(オプション設定)など、マセラティ グラン トゥーリズモのモダンなキャビンにふさわしい、革新的なシステムを搭載しています。

また、マセラティ・イノベーション・ラボのエンジニアによって、電動モデルでもマセラティの象徴的なエンジン音による「360°のサウンド体験」を保証しています。このサウンド体験は、ソナス・ファベール (Sonus faber)の3Dサウンドシステムによって完成されます。 イタリアの音響職人によって設計・製造されたこのオーディオシステムは、2 段階のカスタマイズが可能で、最大 19 個のスピーカーと最大 1,195W の出力を持つ 3D サウンドにより、奥行きのあるサウンドと真にユニークな丸みのあるサウンドを実現しています。

また、グラントゥーリズモには、発売と同時に、75 周年を記念した限定シリーズ「PrimaSerie 75th Anniversary Launch Edition(プリマセリエ 75th アニバーサリー ローンチエディション)」が用意されています。

スポーティ、ラグジュアリー、コンフォート:開発の初期段階からお客様からのご要望に焦点を当てること で、新型グラントゥーリズモは、スポーツ性能と長距離走行に適した快適性の両立という不可能な方程式を、 パワフルな内燃機関と最も革新的な 100%電気自動車の両方で実現することを可能にしました。

* 標準装備のサウンドシステム:14のスピーカー、860W出力。オプションのサウンドシステム:19のスピーカー、1,195Wの出力

no results
READ MORE