マセラティ、最新スパイダー名前を発表:その名は「MC20チェロ」

モデナ発 2022年5月16日 - マセラティがこのたび発表する最新モデルは唯一無二のスパイダー、その名も「MC20チェロ(Cielo)」です。MC20チェロは5月25日(イタリア時間)に開催される、グローバルプレミアにて世界初公開されることが決定しました。

コンバーチブルタイプということから、「空」にちなんで名づけられたこの新しいモデルの名前は国際光デーである5月16日に合わせて発表されました。

MC20チェロは、本来持つスポーツカーとしての性格をはじめとするその特徴を名前で表現しています。マセラティ・コルセ(「レーシング」の意)を指す「MC」、マセラティブランドにとって新時代の幕開けとなった2020年を指す「20」。そして最後に加えられたイタリア語で「空」を指す「チェロ(Cielo)」。これらの言葉を組み合わせることにより、「真のスーパースポーツカーを運転する特権を全身に感じながら、広い空の下で運転する悦びを楽しむ」という、このモデルのコンセプトを雄弁に物語ります。

またMC20チェロはクーペタイプと同様に、モデナのマセラティ・イノベーション・ラボで開発が進められ、100%メイド・イン・イタリーを保証する、悠久の歴史を持つヴィアーレ・チーロ・メノッティ工場で生産されます。

 

Maserati S.p.A.

マセラティは、その類例無き個性により、一瞥してマセラティと認識できる唯一無二のクルマを生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、生粋の高級感で、ハイレベルな基準と審美眼をお持ちのお客様を魅了し、世界の自動車業界の見本となってきました。歴史にその名を刻む数々の伝統的モデルは、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性というそれぞれの角度から「イタリアのスポーツカー」を再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。そのラインアップには、フラッグシップモデルのクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、そしてスーパースポーツカーのMC20が名を連ね、いずれも最高品質の素材と傑出した技術をその特長とします。ギブリとレヴァンテには、ブランド初のハイブリモデルが用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載した3つのラインアップがあり、後輪駆動と4輪駆動からお選びいただけます。そして、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで選ぶことのできる、パワフルな580ps V8エンジンを搭載したトロフェオシリーズは、性能面においてマセラティブランドのDNAをより体現しています。更に、最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとしては初となる、F1由来のテクノロジーを採用しています。

本マセラティ公式ディーラーウェブサイト上に掲載されるコンテンツは、 全般的な情報提供を目的とするものであり、勧告・助言に該当するものではありません。 マセラティ S.p.A及びその関連会社は、ディーラーのみより提供されたディーラーウェブサイト上に公開された情報およびコンテンツに対して一切の責任を負いません。 上記の理由により、マセラティ S.p.A及びその関連会社は本サイトの全コンテンツの正確性、時系列、妥当性に対して、一切の保証ないしは保障を提供しないこととします。