詳しく見る
VIEW ALL
HYBRID
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
GranTurismo
MC20
MC20 Cielo
Special Series
News
Stories of Maserati
Corse
History
Maserati Collection
Collaboration
Special Experiences
Fuoriserie
Our Values
About Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
マセラティブランド保険
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
車を探す
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
マセラティブランド保険
Race Beyond
Formula E
GT2
MCXtrema
Maserati
Classic Cars
Sonus Faber
Maserati Driving Experience
Factory Tour
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険
車検早期予約プログラム
新車を探す
認定中古車を探す
Ghibli trofeo my23 16 9 Ghibli trofeo my23 9 16

Ghibli

スポーツサルーンとして唯一無二の存在
Maserati Ghibli

マセラティが放つ世界感とエンジンへのこだわり

現行ギブリは”スポーティかつエレガント”というマセラティだけが成し得る独特の世界観をオーナーに与えてくれる特別な一台である。デビュー以来、熟成を重ね、あらゆる側面で私たちはスポーツサルーンとしての高い完成度をギブリに実感することができる。

激戦区であるEセグメントにおいて、そのユニークな存在感はライバル達の追従を許さない。マセラティの重要なDNAはなんとってもエンジンへのこだわりだ。V6ツインターボに加えて、ハイブリッドという新しいコンフィギュレーションがブランドとして最初に採用されたことも、いかにマセラティがギブリに力を入れているかの証である。さらに十分なシャーシ熟成の末、3.8L V8ツインターボ 最高出力は580PS、最大トルクは730Nmというハイパワーエンジンを搭載するギブリ・トロフェオが登場した。究極のスポーツサルーンの登場はマセラティスタに対する素晴らしい贈り物である。

QP_engine
QP_engine

美しさと力強さを両立させたスタイリング

時を経ても全く古さを感じさせず、その存在感をより高め ている力強い彫像のようなスタイリングはもう一つの重要 なマセラティDNAだ。しかしギブリのスタイリングは単 にスポーティネスを追求したものではない。美しく映える 低いルーフラインを採用しながらも、実は充分な室内高を 持っている。


また、前後ドアのサイズの違いから、リアパッセンジャーのスペースがタイトでないかと思われるかもしれないが、それも杞憂である。スポーツサルーン創りのパイオニアで あるマセラティが蓄積してきたノウハウが活かされ、充分 なリアレッグスペースを持った快適なキャビンが貴方を待 ち受けているのだ。この”Eセグメント唯一の個性的スポーツサルーン“たるポジションは今も健在であることを何よりもお伝えしたい。

210190M-1920x1080-d
210190M-1920x1080-d
LEV_Trofeo_Blu_EE3A3735_naive
LEV_Trofeo_Blu_EE3A3735_naive

マセラティ アイコンの起源 ”初代ギブリ”

ギブリという存在はマセラティにとって何よりも大切なアイコンである。マセラティを代表する大ヒットモデルとなった初代ギブリ以来、そのセグメントは変われども、その時々でもっとも重要な社運を賭けたモデルだけがギブリの名を受け継いだのだ。そんな”ギブリ神話”を今回はお伝えしたい。

 

初代ギブリはオルシ家傘下時代に誕生した大ヒットモデルであった。1966年に直6エンジン搭載のミストラルの後継としてデビューを飾った2シーター・クーペだ。最高速が競われたまさにスーパーカー全盛期に登場したこともあり、4.7L V8 DOHCドライサンプ仕様のハイパフォーマンス・エンジンが採用された。310bhpを誇り(4.9LのSS仕様では335bhp)、SS仕様では最高速度280km/hを記録した。そのクオリティの高い作り込みと、グラントゥーリスモとしての快適性、さらには高い信頼性はライバル達を一掃するものであった。

maserati_4333_large
maserati_4333_large
Ghibli_interior
maserati_4337_large
しかし、初代ギブリについては何よりもそのスタイリングの魅力を語らない訳にはいかない。カロッツェリア・ギアのチーフ・スタイリストとして大活躍していた新進気鋭のジョルジェット・ジウジアーロの筆による美しいスタイリングは世界を圧倒した。まさに“イタリアン・エキゾチック”の頂点の一台であり、ジウジアーロの最高傑作とも称される一台だ。ロングノーズと地を這うような低いボディ、そののびやかなスタイリングはまさにヨーロッパを吹く偏西風=ギブリにふさわしいものであった。ちなみに当時フォード会長であったフォード2世がギブリを手に入れ、フォードのデザインセンター入り口の置き、デザイナー達に“このような美しいクルマを作れ“、と檄を飛ばしたという逸話も残っている。

斬新かつ、更に洗練されたギブリⅡのスタイリング

続いて1992年に発表されたのが二代目、通称“ギブリⅡ”である。ベースとなるのは1981年に誕生したマセラティにとって初の量販モデルであった“ビトゥルボ”だ。このビトゥルボ・シリーズの最終進化形のひとつが222.4Vと称す2.8L V6(気筒あたり4バルブ)ツインターボエンジン搭載の2ドアクーペであった。このシャーシとパワートレインをベースにマルチェッロ・ガンディーニがスタイリング開発を担当し、完成させたのがギブリⅡだ。ガンディーニはカロッツェリア・ベルトーネ在籍時代にはマセラティ・カムシンのスタイリングも仕上げており、ジウジアーロと並んでイタリアン・カーデザインの巨匠と称された。

 

ギブリⅡのスタイリングはその少し前に発表されたガンディーニデザインのV8ツインターボエンジン搭載のフラッグシップ、シャマルのイメージをベースに、より洗練され、生産性を高めたものだ。1980年代初頭のトレンドであった直線基調によるスクエアなビトゥルボのスタイリングを“張りのある”ふくよかなボディサーフェスに仕上げたガンディーニの腕はさすがであった。

Image 5a
Image 5a
Image 5b
Image 5b

蓄積されたされたエンジニアリングにより更に進化

このギブリⅡ発表の翌年にはマセラティのオーナーであったアレッサンドロ・デ・トマソが心筋梗塞で倒れたことから、マセラティの株式はフィアットオート(現ステランティス)へ譲渡され、名実ともにフィアット傘下となった。ここで発売直前であったギブリⅡにエンジニアリング面の見直しが入り、多くの改善が行われた。つまりこのギブリ以降、製品クオリティは格段に向上した。

 

当時は世界最大のマーケットである北米への輸出が途絶えていた為、日本はマセラティを最も多く販売する国の一つとなり、マセラティブランドの認知は特に日本において高まった。ギブリⅡの高い商品力と日本マーケットにおけるマセラティの大きな存在感が当時のマセラティの業績を支えたのだった。

Ghibli
Ghibli
Read More
Read More