弊社ウェブサイトにお越しの皆様に最善のユーザーエクスペリエンスを提供するため、クッキーを使用しています。弊社ウェブサイトは、ユーザーの皆様にとって有益な広告情報をお届けする目的で、広告クッキーを使用しています。その中には第三者のクッキーが含まれている場合があります。弊社ウェブサイトには、第三者のクッキーが含まれています。 このウェブサイトで使用されているクッキーの詳細、および無効にする方法については、弊社の クッキーポリシーをご覧ください。.
弊社ウェブサイトの閲覧を続行するには、クッキーの使用に同意していただく必要があります。

Sebring - First series

Before the sales of the 3500GT began to slow, Maserati presented its new "3500GTI Coupé S" at the Geneva Motor Show of 1962. "S" stood for Sebring and referred to the race track in Florida were the 450S racing cars obtained an important win in the hands of Fangio and Behra a few years earlier. The car became generally known as the Sebring and was based on the short 3500GT Spyder chassis. Its 2+2 body was a design from Michelotti during his time at Vignale. With the exception of only four cars that were equipped with Weber carburettors, the 6-cylinder engine always had fuel injection from Lucas. The Sebring showed a number of technical improvements over the 3500GT, and was generally sportier. Automatic transmission, air conditioning and Borrani wire wheels were available on request.

Data sheet Sebring 3.5
Model code Tipo AM101/10
Body type 2-door, 2+2 berlinetta
Design Michelotti (Vignale)
Production years 1961 - 1964
Maserati era Orsi family
Numbers produced351
Chassis Tubular steel ladder-frame platform
Dry weight1,520kg
Engine configuration Straight 6, double overhead camshaft
Displacement 3,485cc
Maximum power 235hp @ 5,500rpm
Top speed235km/h
ニュースレター登録
 
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
有効なメールアドレスをご入力ください
 
*
*
お住まいの地域のウェブサイトを探す