弊社ウェブサイトにお越しの皆様に最善のユーザーエクスペリエンスを提供するため、クッキーを使用しています。弊社ウェブサイトは、ユーザーの皆様にとって有益な広告情報をお届けする目的で、広告クッキーを使用しています。その中には第三者のクッキーが含まれている場合があります。弊社ウェブサイトには、第三者のクッキーが含まれています。 このウェブサイトで使用されているクッキーの詳細、および無効にする方法については、弊社の クッキーポリシーをご覧ください。.
弊社ウェブサイトの閲覧を続行するには、クッキーの使用に同意していただく必要があります。

Shamal

Named after a Mesopotamian wind, the new Shamal was the most extreme derivate from the Biturbo model family. It was, just like the Karif, based on the shorter Biturbo Spyder floorplan, but offered also two small rear seats. The body of the Shamal was completely new, with the exception of the doors. The Shamal’s muscular and aggressive design was the work of designer Marcello Gandini, which could be easily recognised by the typical shape of the rear wheel arches. The biggest news of the Shamal was however found under the bonnet. The V6 was replaced by a completely new twin-turbo V8 engine with four camshafts and 32 valves. This was coupled to a new 6-speed gearbox from Getrag. The design of the Shamal gave inspiration for the later Ghibli model. This is one of the most extreme production cars ever made, and intended for skilled drivers only.

Data sheet Shamal
Model code Tipo AM339
Body type 2-door, 4-seater three-box coupé
Design Marcello Gandini
Production years 1990 - 1996
Maserati era De Tomaso
Numbers produced 369
Chassis Monocoque steel construction
Dry weight1,417kg
Engine configuration 90° V8 ,32 valves, double overhead camshaft, twin-turbo
Displacement3,217cc
Maximum power 326hp @ 6,000rpm
Top speed 270km/h
ニュースレター登録
 
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
有効なメールアドレスをご入力ください
*入力必須フィールド
お住まいの地域のウェブサイトを探す