弊社ウェブサイトにお越しの皆様に最善のユーザーエクスペリエンスを提供するため、クッキーを使用しています。弊社ウェブサイトは、ユーザーの皆様にとって有益な広告情報をお届けする目的で、広告クッキーを使用しています。その中には第三者のクッキーが含まれている場合があります。弊社ウェブサイトには、第三者のクッキーが含まれています。We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Our website uses cookies, which could include also third party cookies, to send advertising that is relevant to you. このウェブサイトで使用されているクッキーの詳細、および無効にする方法については、弊社の クッキーポリシーをご覧ください。.
弊社ウェブサイトの閲覧を続行するには、クッキーの使用に同意していただく必要があります。

An Italian story.
A global icon

イタリアで生まれた
ひとつの物語。



1914年、マセラティ兄弟がイタリア、ボローニャの中心部にオフィチーネ アルフィエーリ マセラティを設立したとき、彼らは自分たちが将来どれだけ大きな影響を世界にもたらすかなど想像もしていませんでした。
アルフィエーリ、エットーレ、エルネスト、ビンド。四人の兄弟は自動車とエンジンに対する強い情熱によって結ばれていました。彼らのビジョンと熱意、そして専門知識と技能が礎となり、その後、卓越したクルマの象徴として広く認められることになるグローバル ブランドが誕生することになります。

これがマセラティの物語です。

長きにわたる、輝かしいヘリテージがマセラティの誇り

 

マセラティの前身であるアルフィエリ・マセラティ工房は1914年12月1日、イタリアのボローニャで設立されました。マセラティは以降、一貫してスポーツカー カルチャーの歴史とその発展に重要な役割を担っています。

ほぼ1世紀の歴史のなかで、マセラティはロードカー、レーシングカーの双方で栄光の記録を打ち立ててきましたが、それ以上に苦難も経験しました。そして、これらの困難を乗り越えたことによりマセラティのキャラクターと個性が構築されることとなりました。このウェブサイトでは、1929年には、ボルザッキーニがたたき出した246.029km/hの世界記録をはじめ、1957年には、ファンジオが250Fを駆って成しえたF1ワールドチャンピオンのタイトル獲得、さらに近年では2007年3月のジュネーブにおける新型グラントゥーリズモ(馬力405bhp)の発表など、マセラティブランド史上最も重要なマイルストンを余すことなくご紹介します。

しかしながら、マセラティの歴史を彩るのはレースでの栄えある記録やロードカーの名車ばかりではありません。マセラティは長い年月をかけて企業としても大きく飛躍しました。1941年にボローニャから現在のモデナのチーロ メノッティ通りに本社を移しましたが、これはマセラティの歴史上、重要な出来事のひとつとなりました。

現在もその歴史的な本社から全世界に向けてマセラティの魅力を発信し続けています。

マセラティは今や70を超えるマーケットで事業を展開するグローバルなブランドに成長しました。ほかのどの自動車メーカーとも異なるのは、マセラティが自社の車両に対し、伝統と革新、懐古主義と未来志向、かつての記憶と将来のビジョンを見事に取り入れている点です。イタリアの伝統に根ざした心を持ちながらも、その目はしっかりと将来を見据えています。

現在のマセラティの誇り、それは様々な価値によってブランドの存在を揺るぎないものにしてきたことです。このセクションでは、人を魅了してやまないマセラティの歴史をたどるとともに、マセラティの名声を高めてきた人物、数々の記録、モデルについての情報をお届けします。

 

The Trident | トライデント

神話のシンボル、トライデント。マセラティのすべてのレーシングカーに使われてきたこのシンボルは、マセラティというブランドと、そのスタイリング、テクノロジー、そしてパフォーマンスが進化するなかでつねに変わらぬ姿を保ち、いつもマセラティの勝利と成功の傍にありました。

16世紀以来、マセラティの歴史を象徴する重要な像、ネプチューンが、ボローニャのマッジョーレ広場に建っています。マセラティのエンブレムであるトライデント(三叉の矛)は、まさにこの像から着想を得てデザインされたのです。トライデントはボローニャ市の紋章にも使われています。

 

1920年頃、マセラティは数ある他のクルマのなかで自社のニューモデルを際立たせるエンブレムを必要としていました。そこでマセラティ兄弟のなかでただひとり、エンジンには関心が無く、アーティストとして優れていたマリオ・マセラティにエンブレムのデザインが託されました。するとマリオは、マッジョーレ広場のネプチューン像から着想を得てエンブレムをデザインしたのです。ネプチューンが手にしているトライデントは勇気と力の象徴でもあります。エンブレムを彩る赤と青のカラーは、当時オフィチーネ マセラティが本拠を構えていたボローニャ市の市旗から取り入れました。

マセラティ ブランドと密接な結びつきを持つトライデントは、マセラティ車の稀有な存在感と、エレガンス、ラグジュアリー性、パフォーマンスに秀でた傑作としてのアイデンティティを強くアピールしています。

Awaken Your Soul

古代からトライデントは勇気と強さの象徴と信じられていました。 トライデントの起源は時間ともに記憶の中から失われてしまいましたが、その力は今もなお、人々の意識の奥に残されています ― 『Awaken Your Soul』

閉じる

The grille | グリル

マセラティのクルマは今も昔も、特別な意味を持つ優雅で特徴的なラジエーターグリルがそのノーズを飾っています。

1930年代半ば以降、ラジエーターグリルはより特徴的なデザインに変化していきました。マセラティ6CMでは、丸みを帯びた大きなフレームとクローム仕上げの水平バーで構成された新しいグリルが初めて登場し、同様な形状は8CTFと4CLTにも採用されました。どちらもマセラティのレーシングヒストリーを築いた1台となりました。

ティーポ26ではグリルにクローム仕上げのトリムが付いたことで、フロントエンドに高級感がもたらされたほか、スポーティなエレガンスさが強調されました。そして歳月の経過とともに新たな組み合わせが試されたのです。マセラティ8CMではブラックのグリルとクロームの縁取りを組み合わせたデザインが登場し、グリルとボディの色を区切ることで奥行きが生まれ、いっそうオリジナリティの高いルックスとなりました。

レーシングカーのラジエーターグリルが進化するにつれて、マセラティはロードカーグリルの造形にも力を入れるようになります。そのひとつの例が1940年代後半に登場したマセラティA6です。クローム仕上げの特徴的なグリルが、印象的なフロントマスクを際立たせています。A6G/2000などでは、トライデントのエンブレムをグリルの中央に配置し、クローム仕上げによって強調するというデザインも導入されました。

時代とともにエンジンの高出力化が進むと、技術者たちは冷却性能の向上を迫られることになります。1960年代、そして70年代を迎えると、クルマのデザインはより流麗になり、ラジエーターグリルはモデルごとに大きな違いを見せるようになります。ギブリのラジエーターグリルは周囲がクロームで縁取られ、中央にトライデントのバッジが飾られていましたが、インディにはグリルと呼べるようなものが備わっていませんでした。ノーズ下に設けられたいくつかのエアインテークがエンジンの冷却に用いられていたからです。

ラジエーターグリルは1980年代に入ってからも進化を続けます。マセラティ ビトゥルボに代表されるのが、角張ったボディデザインとシンプルながらも人目を引くグリルの組み合わせです。
このトレンドは現在のモデルにまで続いています。マセラティ グラントゥーリズモでは、クロームのトライデント バッジが黒を背景にして誇らしげに飾られています。新型ギブリやクアトロポルテの場合も同様です。表情豊かなグリルが、優雅でスポーティな個性をいっそう引き立てています。

スタイルの進化

デザインの進化を通じて、マセラティは自動車業界の流行をリードしてきました。そのクルマはいつの時代も個性豊かなラインがきわめて特徴的で、エレガンスとスポーティさを兼ね備えています。丸みを帯びた曲線的な初期のデザインは、徐々により大きく、より長く、そしていっそう流麗なデザインへと進化していきました。

1960年代になるとデザインはさらなる進化を遂げます。マセラティのすっきりとしたラインとなめらかな曲面を完璧に調和させた独創的なスタイルが、世界中で認められるようになります。1970年代に入ると、技術的な発展によって新しい空力的な解決策が採り入れられるようになります。その結果、フラットなラインと鋭いエッジで構成される、より角張ったスタイルが登場しました。それが1980年代、90年代の直角を取り入れたスタイルへと発展します。その後は、流麗で人目を引く、現在の流線形デザインへと道が開かれていくのです。

長年にわたってマセラティはジウジアーロ、ザガート、ラマチョッティ、ピニンファリーナといった著名なエンジニアやデザイナーと手を組んできました。特にピニンファリーナとのコラボレーションでは、大好評を博したデザインやコンセプトカーがいくつか誕生しています。そのひとつがバードケージ75thで、近年のマセラティを最も象徴する1台とみなされています。

デザインの極み

ピニンファリーナがデザインした新しいクーペは、クアトロポルテに続き、マセラティの歴史と自動車業界に大きな衝撃をもたらすことになります。息を呑むほどの美しさを纏ったグラントゥーリズモは2007年のジュネーブ モーターショーを席巻しました。  

さらに2014年、マセラティが自身のスポーツ ヘリテイジに対するオマージュとして開発したコンセプトカー「アルフィエーリ」が発表されました。これはレーシングカーのサラブレッドであると同時に自動車デザインの傑作でもあります。決して昔を偲んでデザインしただけの懐古主義的なモデルではなく、明確な未来像を基に造形された美しい1台となりました。

一方、新しい生産設備に膨大な投資を行った後、マセラティは4ドア スポーツ サルーンを投入し、確かな審美眼を持つ新しいファンに向けてギブリの名前を蘇らせました。発表と同時に大きな人気を獲得したギブリは、マセラティが誇る過去最高の販売記録を更新。マセラティ100周年記念の年に素晴らしい華を添えました。

販売記録を更新し続けるなか、マセラティは史上初のSUV、レヴァンテによってモデルラインナップを拡大しました。クアトロポルテ、ギブリ、グラントゥーリズモ、グランカブリオ。これにレヴァンテが加わったことで、マセラティのラインナップはグローバルなラグジュアリーカー市場全体を初めてカバーできるようになったのです。

Fearless | フィアレス

 

「あなたの目の前には、偉大な道が続いている。」

マセラティと共にF1の世界に挑んだ、世界初の女性の物語をご覧ください。

閉じる

企業情報

商号マセラティ ジャパン株式会社(英文表記:Maserati Japan Ltd.)
設立2010年4月5日
本社東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル22階
URLhttp://www.maserati.co.jp
決算日12月31日
資本金1,800万円
株主(株式の状況)イタリア共和国に本社所在のMaserati S.p.A.(100%保有)
事業内容日本国内におけるマセラティ製品とその関連製品の輸入卸およびサービス
従業員数18名
役員代表取締役社長 グイド・ジョバネッリ
取締役 ハラルド・ジェイコブ・ヴェスター
取締役 ジョバンニ・ルイーゼ
監査役 アレッシオ・トゥチッロ
取引金融機関取引金融機関: 三菱東京UFJ銀行
ニュースレター登録
 
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
 
*
*
お住まいの地域のウェブサイトを探す