弊社ウェブサイトにお越しの皆様に最善のユーザーエクスペリエンスを提供するため、クッキーを使用しています。弊社ウェブサイトは、ユーザーの皆様にとって有益な広告情報をお届けする目的で、広告クッキーを使用しています。その中には第三者のクッキーが含まれている場合があります。弊社ウェブサイトには、第三者のクッキーが含まれています。We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Our website uses cookies, which could include also third party cookies, to send advertising that is relevant to you. このウェブサイトで使用されているクッキーの詳細、および無効にする方法については、弊社の クッキーポリシーをご覧ください。.
弊社ウェブサイトの閲覧を続行するには、クッキーの使用に同意していただく必要があります。

マセラティ「スクアドレ クリエンティ」がGT4選手権デビュー

マセラティ「スクアドレ クリエンティ」チーム、北アメリカおよびヨーロッパでの挑戦に向けて準備進行中

 

過去6シーズンにわたって開催されてきたマセラティ トロフェオMCワールド シリーズは、昨年12月のアブダビ(UAE)での最終戦をもって終了しました。次回のシーズンに向けて、マセラティ グラントゥーリズモMCを走らせる各チームの参戦体制が整いつつあります。

シリーズを戦ってきた車両は現在、プライベートのドライバーやチームの手に渡り、GT4のレギュレーションに合わせた調整を受けています。来シーズン、グラントゥーリズモMCが戦う主な舞台となるのが、北米で開催のピレリ ワールド チャレンジ(PWC)、コンペティション102 GT4欧州シリーズ、ノヴァ レース主催のユーロ シリーズ、そして各国のGT選手権です。

イベントカレンダーは2月28日・29日から始まります。この2日間、フランスのポール リカール(ル キャステレ)サーキットで、GT4欧州シリーズのプロモーターであるSROが主催する公式テスト走行が行われます。このテストにおいて、2016年シーズン向けのGT4クラス車両の技術仕様を規定する“バランス オブ パフォーマンス(BoP)”が決定されます。

マセラティ「スクアドレ クリエンティ」(顧客チーム)のなかで、ヨーロッパにおいて主にコンペティション102 GT4欧州シリーズへの参加が決まっているのが、イタリアのヴィローバ コルセとスイスのチームです。スクーデリア ジュディチはどのシリーズに参戦するかまだ検討中ですが、英国のエボアGTは英国GT選手権にエントリーする予定です。これらのチームのほかにも車両を購入した多数のプライベート ドライバーが、単独のGTイベントや各シリーズへのスポット参戦を計画しています。

マセラティはヨーロッパおよびアメリカで、技術的なサポートとサーキットでの部品供給を行い、各チームに公平な条件のもとで競い合う機会を提供します。

グラントゥーリズモMC GT4は、トロフェオ バージョンとの大きな変化はありません。パワートレーンは排気量4700ccのV8エンジンにパドルシフト式ロボタイズド トランスミッションの組み合わせで、車両の乾燥重量が1410kgというスペック。主な変更点は、エンジンのパワーを35hp削減するために追加されたエアダクトと、新しいデザインのスポイラー、空力性能をGT4の規定に合わせて調整するためのリア ディフューザーなどです。

コンペティション102 GT4欧州シリーズ

 

コンペティション102 GT4欧州シリーズは、4月24日にイタリアのモンツァで開幕します。第2戦は5月15日にフランスのポーで開催され、6月12日にシルバーストーン(英国)で3時間耐久、7月10日にスパ2時間耐久と続きます。この2つの耐久レースは英国GT選手権にも含まれます。さらに夏休みを挟んで9月25日にハンガロリンク(ハンガリー)で開催の第5戦を経て、10月9日にザントフォールト(オランダ)で最終戦を迎えます。

また欧州シリーズ第2戦の前にも、英国ロッキンガムで開催される英国GT選手権にマセラティ グラントゥーリズモMC GT4がエントリーします。カーナンバー60が付いた車両を、エボアGT モータースポーツのマーカス・ホガース/アビー・イートン組が走らせます。この二人のイギリス人ドライバーはブランズハッチでの第1戦において、GT4カテゴリーで8位となりました。両ドライバーとマシーンはポテンシャルの高さを示しましたが、ピットストップのトラブルと赤旗の影響によるレースの短縮もあって、満足のいく結果は得られませんでした。

ピレリ ワールド チャレンジ (PWC)

 

アメリカのPWCシリーズはとても過酷な選手権シリーズです。3月6日にオースティン(テキサス州)で開幕し、そのわずか7日後に第2戦がセントピーターズバーグ(フロリダ州)で行われます。続いて4月24日にバーバー モータースポーツ パーク(アラバマ州)で開催。そして5月22日にはカナダのタイア モータースポーツ パーク(オンタリオ州)へと移動。再びアメリカに戻って5月29日のライム ロック パーク(コネチカット州)、6月26日のロード アメリカ(ウィスコンシン州)、7月30日のミッドオハイオ スポーツ カー コース(オハイオ州)へと続きます。さらに8月12日のユタ モータースポーツ キャンパス(ユタ州)、9月18日のソノマ(カリフォルニア州)を経て、10月9日にマツダ レースウェイ ラグナ セカでグランド フィナーレを迎えます。マセラティ グラントゥーリズモMCはGTSクラスに、JCRモータースポーツ、KPRレーシング、RTモータースポーツ、スリー ポインツ レーシングといったチームからエントリーします。

エボアGTがシーズン初の表彰台に

 

英国GT選手権でマセラティ グラントゥーリズモMC GT4を走らせるエボアGTが、今シーズン初の表彰台に立ちました。5月28日にオウルトン パークで開催された第3/4戦の2レース目において、マーカス・ホガース/アビー・イートン組がGT4クラスで2位入賞を果たしました(総合では14位)。この結果はチームの進歩の証であり、6月11日にシルバーストーンで開催の次戦以降に向けての良い兆候といえるものでした。

ホガースはレース後、次のように述べました。

「正直なところ、一時は勝てそうだとさえ思い始めていましたが、赤旗がでてレースが短縮され、それは叶いませんでした。いずれにしても私たちは順調であり、正しい道筋を進んでいると思います。オウルトン パークはツイスティでストレートが短いサーキットですが、私たちは最善のセッティングを見つけることができました。新たに得たものも多く、次のラウンドではもっと良い結果を出せると思っています。」

エボアGTが善戦

英国GT選手権の第2戦で、マセラティ グラントゥーリズモMC GT4がトップチームと互角に渡り合う走りを見せました。エボアGTチームのマーカス・ホガース/アビー・イートン組は、5月1日にロッキンガム モーター スピードウェイで開催された英国GT選手権の第2戦において、GT4カテゴリーで4位、総合で15位という見事な成績を収めました。

エボアGTチームのマネージャー、エイドリアン・スヌークは誇らしげに次のようにコメントしました。「第2戦でチャンピオンたちに混じってフィニッシュできたことは間違いなく良い成果です。私たちはまだこのクルマのベストなセッティングを探っている最中ですが、コースに出るたびに新しい学びがあり、パフォーマンスを向上させています。私たちよりもはるかに経験豊富なほかのチームのドライバーとクルマと競い合うのは本当に素晴らしい体験です。」 英国GT選手権の次戦は、5月28日にオウルトン パークで開催されます。

驚異的なスタート

4月23日・24日、モンツァにおいて、スクアドレ クリエンティ マセラティがGT4欧州シリーズの初戦を素晴らしい勝利で飾りました。グラントゥーリズモMC GT4が、2016年のコンペティション102 GT4欧州シリーズで2勝を挙げました。

第1戦の第1レースで、スクーデリア ヴィローバ コルセのアンセルミ/セルナジョット組が優勝。続いて、2015年のマセラティ トロフェオ ワールド シリーズのチャンピオン、ロマイン・モンティ(フランス)が第2レースを制しました。トロフェオのタイトルを獲得したモンティは、マセラティのスタッフによるサポートを受けてこの欧州シリーズで戦うチャンスを得ていました。

2016年の欧州シリーズ第2戦は5月14日・15日にフランスのポーで開催されます。このレースにはヴィローバ・コルセとスイス チームのほか、何人かのプライベート ドライバーもマセラティでエントリーする予定です。


 

マセラティのレース活動:コンペティション102 GT4欧州シリーズ 2016年 第1戦モンツァ

閉じる

コンペティション102 GT4欧州シリーズ、開幕戦のモンツァにてマセラティが2レースとも優勝

 

モンツァで開催されたコンペティション102 GT4欧州シリーズの第1戦で、マセラティが第1、第2の両レースを制しました。これはマセラティ グラントゥーリズモMC GT4にとって見事な成果で、この欧州シリーズへのデビュー戦を最高の形で飾ることができました。土曜日の午後に行われた第1レースでは、ヴィローバ コルセのルカ・アンセルミ/ジョルジョ・セルナジョット組が優勝しました。日曜日はロマイン・モンティが勝利を手にしました。

この週末はヴィローバ コルセにとって素晴らしいものとなりました。土曜日のレースでは、パトリック・ザンパリーニ/アレッサンドロ・フォリアーニ組がAMカテゴリーで優勝し(総合5位)、ピオトル・チョツェンが3位に入賞、さらに彼の息子のアントーニが12位でフィニッシュしました。

ロマイン・モンティは2015年のマセラティ トロフェオ ワールド シリーズで総合優勝を果たしたドライバーで、その褒賞としてGT4欧州シリーズの1戦にエントリーする機会を与えられていました。しかもトロフェオのマシーンを長年扱ってきたマセラティのメカニックによるサポートが受けられました。このフランス人は第1レースでは4位でしたが、第2レースではピットストップを終えてピットレーンからコースに戻った時点でトップに立ちました。モンティはその後、2台のシボレー カマロに追い抜かれましたが、レース終了の2分前に別のクルマがクラッシュして赤旗が振られ、セーフティカーがコースイン。クラッシュによるオイル流出のため、オフィシャルがレース続行は危険と判断し、レースの勝敗は前の周回の順位で決定され、モンティが勝者となりました。

第2レースではヴィローバ コルセにとって再び嬉しい結果がもたらされました。アンセルミ/セルナジョット組が8位で、フォリアーニ/ザンパリーニ組がAMカテゴリーで今度は3位で表彰台に立ちました(総合は10位)。

 

マセラティ「スクアドレ クリエンティ」の布陣を構成するもうひとつの戦力がスイスのチームです。ドライバーは2014年のマセラティ トロフェオ ワールド シリーズのウィナーであるジュゼッペ・ファスチコーロ/マウロ・カラミア組が務めました。このイタリア人とスイス人のペアはサスペンション トラブルに見舞われ、そのために予選で思うようなタイムが出せず、また決勝でも苦戦しました。また、もうひとり、マセラティ トロフェオで活躍したドライバーが出場していました。アレッサンドロ・ラツェッティです。彼はマセラティ グラントゥーリズモMC GT4を走らせて、18位と12位でフィニッシュしました。

Maserati Corse Cover img
閉じる

#MaseratiTrofeo

アブダビのヤス マリーナ サーキット発の360°の体験をお愉しみください。

PWC GTSクラスでマセラティGT4が初表彰台

JCRモータースポーツのドライバー、ジェフ・コートニーがピレリ ワールド チャレンジの第12戦で、GTSクラスの表彰台に上りました。

 

ナンバー99のマセラティ グラントゥーリズモMC GT4は、全長およそ6.5kmで長いストレートと超高速コーナーが有名なこのコースで力強い走りを見せ、PWCのGTSクラスでマセラティGT4に初めての表彰台をもたらしました。コートニーは次のように感想を述べました。

「嬉しくもあり、悔しくもあるといったところでしょうか。なぜなら、私たちのマセラティはこの週末ずっと調子が良く、私はマセラティにPWC初勝利を飾らせてやりたいと本気で考えていたからです。ところが両レースともスタート直後から混戦に巻き込まれてしまい、競争の激しいフィールドを這い上がっていく厳しい戦いを強いられました。日曜日にあともう23周できていれば、ブレットに追いついていたかもしれません。でも、ブレットとANSAチームの勝利を祝福するとともに、JCRのクルーの努力に心から感謝します。私たちのチームと私自身、スポンサーにとって素晴らしい週末でした。友人たちや家族から手厚いサポートを受けられたことが最高の幸せです。

ナンバー62のマセラティを走らせたKPRチームのマーク・クレニンは、この週末はメカニカル トラブルに苦しめられました。第1レースでは予選前にアクスル シャフトが破損して不本意な結果に終わり、第2レースでは縁石に強く擦れすぎたリアのトー リンクが破損し、リタイアを喫しました。

PWCは6週間後の2016年7月29日・30日に、オハイオ州マンスフィールドのミッドオハイオ スポーツカー コースにおいてGTSクラスの第13戦と第14戦が開催されます。

アブダビのガルフ12時間で勝利

 

4月にモンツァで開催のGT4欧州シリーズから始まったマセラティGT4のレーシング シーズンは、勝利で締めくくられることになりました。今回は、アブダビのヤス マリーナF1サーキットで開催されたガルフ12時間レースという耐久レースでの勝利が期待されていました。

 

主人公はヴィローバ レーシング。このマセラティの顧客チームはすでに2016年のGT4欧州シリーズで2勝を挙げていました。ここアブダビでは2台のグラントゥーリズモMC GT4がエントリーし、カーナンバー90をG・ファスチコーロ/T・ハーペル/ C・モール組が、カーナンバー50をP・チョツェン/A・チョツェン/P・ザンパリーニ組が担当しました。レース ウィークエンドを席巻したのはカーナンバー50のクルーでした。予選で最速タイムを叩き出し、決勝ではポールポジションからのスタートで1周目からレースをリードしました。

いっぽう幸運に恵まれなかったのがカーナンバー90のクルーでした。メカニカル トラブルにより長いピットストップを強いられた後、数周遅れでレースに復帰しました。ヤス マリーナでのレースは、マセラティ グラントゥーリズモMCのGT4クラスにおける競争力の高さを示すものでした。このカテゴリーは、いくつかのレース用モディファイが加えられただけで、技術的に見て量産車ときわめて近い車両で争われます。GT4はGTレースの世界へのエントリークラスとなっています。魅力的なGTレースは、潤沢な予算を持つジェントルマン レーサーや若いレーサーを惹きつけてやまない世界です。

2017年、マセラティの顧客チームは再び、グラントゥーリズモMC GT4をGT4欧州シリーズやアメリカのピレリ ワールド チャレンジなどの国際的な選手権、各国のGT選手権、国際的な耐久レースに出場させる予定です。次のイベントのスケジュールは2月の前半には決まり、すべてのGT4車両が1年で最も重要なテストである“バランス オブ パフォーマンス”に召集されることになります。このテストにおいて各モデルの技術的な仕様が決定されます。異なるコンセプトとテクノロジーで作られたクルマの実際のパフォーマンスをバランスさせるために技術的な検査が行われ、技術的に公平なベースによるドライバーの能力のみを競い合えるレース環境が提供されています。グラントゥーリズモMC GT4は、厳しさが増すいっぽうのレースにおいて競争力を保つために、2017年シーズンに向けていくつかの重要な技術的改良を受ける予定です。

ニュースレター登録
 
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
 
*
*
お住まいの地域のウェブサイトを探す