サラウンド・ビュー・モニター

サラウンド・ビュー・モニターは、駐車するときの安全性を高め、あらゆる取り回し操作をより簡単でスムーズに、そして何よりストレスの少ないものにします。






サラウンド・ビュー・モニターは、車両周囲に設置された4台のカメラから提供されるすべての情報を組み合わせて車両の周囲360°の画像を作成。非常にクリアな視界を表示することで、駐車する際の運転をサポートします。カメラはフロントグリッドに1台、左右ドアミラーの下に2台、およびリフトゲートのナンバープレートライトの間に1台設置されています。

駐車している他の車両との距離感を目視で判定するのが難しいとき、システムは予想進路を示すガイドラインを表示します。パーキングセンサーから集められた情報は、隠れた障害物の存在を警告する機能としても使われます。


シフトレバーがR(リバース)ポジションにシフトされると、車両周囲を上から見下ろした画像と車両後方画像がディスプレイに自動的に表示されます。これに対し、シフトレバーがP(パーキング)、N(ニュートラル)、またはD(ドライブ)ポジションにシフトされると、ディスプレイの「コントロール」セクションの「サラウンド・ビュー・モニター」ソフトキーを押すことで、この安全システムを作動または解除することができます。「サラウンド・ビュー・モニター」が表示されると、次の4つの選択肢の中から画像を選んで表示させることができます。:
1. 後方画像と上から見下ろした画像
2. 後方左右の画像
3. 前方左右の画像
4. 前方画像と上から見下ろした画像

上記1と4では、2つの異なる画像を同時に確認することができます。ドライバーに必要なのは、状況確認とこれから行う取り回し操作に役立つ最適な画像を選ぶことだけです。

ご留意ください

• 取り回し操作を開始する前に他の車両や障害物、歩行者、動物などの存在を把握するため、必ず周囲の状況を注意深く確認してください。
• 取り回し操作を開始した後も周囲への注意を払い続けてください。
• 駐車する際は、障害物が検知された場合に停止できるよう、必ず低速で走行してください。
• サラウンド・ビュー・モニターは、日中または十分な照明条件下で正しく作動するように設計されています。不十分な照明条件下では、絶対にシステムだけに頼らないでください。
• 距離と予想進路はあくまで参考であり、車両が平らな地面の上にある場合に限ることを事前にご了承ください。

この機能を搭載したモデルを見る

GHIBLI

You're Not Like Everyone Else

LEVANTE

The Maserati of SUVs

QUATTROPORTE

An Icon of Italian Elegance

※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。