このウェブサイトは第三者のプロファイリングcookiesを使用し、お客様がウェブサイトの閲覧中に指示した設定に合わせてサービスを提供します。このウェブサイトを引き続き閲覧されることにより、cookiesの使用に同意したことになります。 このような処理を拒否されたい場合は、当社のCookieポリシーに記載の説明をお読みください
すべてのCookieを許可

レーン・キーピング・アシスト

レーン・キーピング・アシスト(LKA)は、走行中の車線から誤ってはみ出す危険を減らすため、特に幹線道路と高速道路での走行に対応するよう設計されています。

レーン・キーピング・アシストは、ルームミラーの裏側に設置され、前方の進路を継続的に追跡するカメラによって車線をモニタリングします。車両が意図せず車線からはみ出しそうになると、ステアリングを振動させてドライバーに警告し、ドライバーが車両を車線の中央に戻す操作をサポートするために操舵トルクを加えます。

ディスプレイ表示について

レーン・キーピング・アシストが作動可能な状態になっていると、ディスプレイ表示により、システムが前方車線を把握していることがひと目で分かります。
• 白線: 車線の境界が正しく検知され、レーン・キーピング・アシストが介入できる状態です
• 黄色の点滅する線: 車両が中央から外れ、車線の左右どちらかに寄っていること示しています。
• 黄色の線: 車両が車線から逸脱していることを警告。タッチスクリーンで視覚と触覚ボックスが選択されている場合、この時点でレーン・キーピング・アシストが作動して、ステアリングの補正を行います。
レーン・キーピング・アシストは簡単に設定でき、ドライバーの好みに合わせて設定を調整することができます。
  • "ビジュアル(視覚)" のみ: システムは、車両が車線を逸脱しそうになっていることをインストルメントパネルのディスプレイに表示するのみ。進路を変えるための補正操作は一切要求しません。
  • "ビジュアル& ハプティック(視覚& 触覚)" : システムは、車線から逸脱しそうになっていることを検知すると、ステアリングホイールを振動させながら補正操舵トルクを加えます。合わせて、インストルメントパネルのディスプレイに適切な指示を表示します。

"ビジュアル&ハプティック"を選択した場合は、2つのパラメーターを自由に設定することもできます。“LKA感度” では、ステアリング補正が開始されるときの車線表示までの距離を設定します。“LKA強度” では、ステアリング補正の程度を決めるために操舵トルクの値を設定します。

ご留意ください

• レーン・キーピング・アシストは、その効率性を最大化し、同時に起こり得るシステムの介入を減らすように設定することができます。
• レーン・キーピング・アシストは、反対方向へのステアリング操作で中断されることがあります。
• レーン・キーピング・アシストは、注意深いドライバーのためにデザインされているため、ドライバーがステアリングホイールに手を添えている場合にのみ使用可能です。
• レーン・キーピング・アシストは、正しく作動するために十分な視界を必要とします。大雨、雪、急カーブ、坂道、見えにくい路面表示、工事現場などにおいては特に注意してください。
• リアバンパーフェイシアのレーダーセンサーが設置されている部分に、雪、氷、汚れを付着させたままにしないでください。

この機能を搭載したモデルを見る

Maserati Ghibli
GHIBLI

You're Not Like Everyone Else

Maserati Levante
LEVANTE

The Maserati of SUVs

Maserati Quattroporte
QUATTROPORTE

An Icon of Italian Elegance

試乗予約

この機会にぜひ、マセラティをご体感ください。