詳しく見る
VIEW ALL
ハイブリッド
Grecale
Ghibli
Levante
Quattroporte
MC20
MC20 Cielo
GranTurismo
Fuoriserie
Special Series
News of Maserati
History
Collaboration
Special Experiences
Fuoriserie
About Maserati Japan
ファイナンシャルサービス
MASERATI APPROVED
サービスプログラム
Maserati Club
リコール情報
Maserati
Classic Cars
Ermenegildo Zegna
Sonus Faber
メンテナンス
ワランティ
ロードアシスタンス
マニュアル / ガイドブック
ブランド保険

マセラティ、グルリアスコの工場「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」で通算生産台数100,000台を達成

161209_1
READ MORE

モデナ発 – マセラティのスポーツセダン「ギブリ」、フラッグシップセダン「クアトロポルテ」を生産するトリノ市グルリアスコの工場「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ*」(以下AGAP)が2016年12月5日、通算生産台数100,000台を達成。これを祝うセレモニーを開催しました。2013年1月の稼働以来、記念すべき100,000台目の車両は、ボディカラーが白の「クアトロポルテ」。最高出力350ps、フェラーリ工場で製造された3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載するこのモデルは、マセラティにとって最も重要な市場の一つである中国に向けて輸出されます。

FCAグループの最高執行責任者(COO)で、ヨーロッパ、中東、アフリカ市場を統括するアルフレッド・アルタヴィラは、この工場がマセラティの生産部門においてだけでなく、FCAのグループ全体においても中心的な役割を果たす拠点になったと、従業員らを称えました。

「この数年間におけるマセラティブランドの目覚ましい成長は、世界のプレミアムブランドの市場で最も注目される成果のひとつです。AGAPで生産された、6代目の『クアトロポルテ』が歴代シリーズを通して最も販売台数を伸ばし、この工場における『ギブリ』の生産台数が通算で約70,000台に達しているという事実から、この3年余りの間にマセラティがかつてない成功を手にしていることが分かります」とアルタヴィラCOOはコメント。さらに「『レヴァンテ』によってSUVセグメントへの参入を果たしたマセラティは、“マセラティスピリット”を『レヴァンテ』の生産拠点であるミラフィオーリ工場にまで浸透させました。これはグルリアスコのAGAPで働く従業員の大部分が、『レヴァンテ』の生産開始時や増産体制移行時にミラフィオーリ工場に出向き、そこで働く仲間たちにクラフツマンとしての心配りやディテールへの配慮を指導したからに他なりません」と続けました。

マセラティは、トリノのグルリアスコの工場AGAPとミラフィオーリ工場に加え、本社のあるモデナのヴィアーレ・チーロ・メノッティにも第3の生産拠点を稼働しており、ここでは2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」とコンバーチブル「グランカブリオ」を生産しています。

マセラティは、今やイタリアを象徴する存在であり、この地位を確立することができたのは、全てのモデルにおいて独創性、情熱、革新性、そしてスタイリングの秀逸さを重視したからにほかなりません。クラフツマンシップやテクノロジー、ディテールへの強いこだわりを融合させることで誕生した唯一無二の1台は、必ずや刺激的な走りを堪能させてくれます。

モデルレンジのさらなる充実化を実現させたSUVの「レヴァンテ」のほか、「クアトロポルテ」、「ギブリ」、「グラントゥーリズモ」、「グランカブリオ」など、今やマセラティは、世界のラグジュアリーカー市場を視野に入れた、あらゆるセグメントの車両をラインアップしています。

*工場名は、フィアットの元名誉会長の名前に由来

161209_2
READ MORE