マセラティ、チャリティーサイクリングツアー 「第5回パリ・モデナ」開催

マセラティ、チャリティーサイクリングツアー 「第5回パリ・モデナ」開催

ポール・ベルモンド、ミゲル・インドゥラインなどが参加

モデナ発 ― マセラティはアスリートおよび挑戦・冒険を愛する方々のためのサイクル・ツアー「パリ・モデナ」を2018年6月8日(金)から6月12日(火)の日程で開催いたします。

その名が示す通り、「パリ・モデナ」はパリからマセラティが本社を構えるモデナに向かうルートをたどるサイクリングツアーです。勝ち負けは一切関係なく、参加者全員が一緒にフィニッシュラインを通過することがこのツアーの唯一の目的です。参加者は全員がそれぞれのパーソナルチャレンジとは別に、自転車で1km走行(1日あたり約100㎞)するごとに難病の子ども達を支えるチャリティー団体「Rêves(レーヴ)」に募金をしていきます。

フランスのパリから北イタリアのモデナまで、5日間に渡るこの美しい冒険をするのは35人のサイクリスト達です。

本年の「パリ・モデナ」は、元F1ドライバーのポール・ベルモンド氏、イタリアのナショナルサイクリングチーム監督のダビデ・カッサーニ、元プロチームミゲル・インドゥライン氏、アレッサンドロ・バラン氏、パオロ・フォルナチアリ氏、スペイン人バスケットボールチーム元キャプテン ホセ・ミゲル・アントゥネス氏、イタリアのアルペンスキーヤーマヌエラ・モエル氏、ミシュランスターシェフのアンドレア・サリ氏、マセラティの数々の名車コレクションを収めているパニーニ・ミュージアムのオーナーマテオ・パニーニ氏など、多数のVIPが名を連ねます。

ツアーの行程は、場所により車で移動するセクションもありますが、参加者が素晴らしい景色を楽しめる厳選されたコースで、最高の走りを味わうことがツアーの醍醐味でもあります。

Day 1.

6月8日(金)、ツアーはフランスのリヨン近郊のヴィエンヌからスタート。サイクリストたちを急こう配の名所ラルプ・デュエズへと誘います。

Day 2.

ツアー2日目の6月9日(土)は、参加者達はガリビエ峠を越え、モダーヌで歓迎の昼食を取ります。その夜、イタリア・トリノへ到着します。

Day 3.

6月10日(日)、グルリアスコのマセラティ工場からステージを開始し、ミラフィオーリ(歴史的なFCAの工場)で休憩した後、ランゲ地域を経由してプルノットのマルケージ・アンティノリのワイナリーを訪問します。ミシュランのスター・シェフ、アンドレア・サリは彼らのために特別なディナーを準備し、ステージ2からこのグループに参加します。

Day 4.

6月11日(月)、参加者はリド・ディ・カマイオーレに向かい、モンテカティーニ・テルメへ進む前にバーニョ・アリストン・マーレで昼食を取ります。彼らはルッカ、コッドーリを通過、午後に温泉街に到着します。歴史的な温泉地テルメテティチオで夕食が提供されます。

Day 5.

レースの最終日は、モンテカティーニ・アルトからアベトーネを経てモデナへと到着します。ここでサイクリストは、歴史的な名車を含むマセラティのコレクションが保管されているパニーニ・ミュージアムを訪れます。昼食後、最終目的地はマセラティの本社になります。マセラティの本社では、この5回目の旅の終わりを祝う夕食が提供されます。

スポンサーとしてSPECIALIZEDがすべての参加者に自転車を貸し出し、ひとりひとりにあわせたセッティングを行います。PIRELLIは自転車用のP zero veloタイヤとマセラティ車用の新しいカラードタイヤを提供する予定です。

今回で5回目を迎えるこのイベントの目的は、素晴らしい冒険をし、参加者のだれもが公平に一緒にモデナにフィニッシュすることです。そして、「Rêves(レーヴ)」の子供たちに幸福の特別な瞬間を提供するという意志を持ち、フランスとイタリアの道をロードバイクと車で駆け抜け、強い瞬間を体験するための美しい逸走です。

 

イベントのフォローは www.facebook.com/parismodena

または Instagram @parismodenaofficial

写真・動画のダウンロードは www.press-paris-modena.com

※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。