Maserati MC20: 新たなスーパースポーツカーを発表

maserati-mc20-theshow
●マセラティの新時代の到来を告げるモデルとしてMC20を発表
● MC20はMC12の後継車種とも言えるスーパースポーツカー
●マセラティ初のバタフライドア
●最高出力630ps、最大トルク730Nm、最高速度325km/h、0-100km/h加速 2.9秒以下
●マセラティのレーシングDNA
●100% メイド・イン・モデナ、100% メイド・イン・イタリー
●モデナでの発表と同時に、東京およびニューヨークでも発表

マセラティは新たなスーパースポーツカー MC20とともに新時代へと突入します。MC20は、パフォーマンス、スポーツ性能、ラグジュアリーを兼ね揃えた、マセラティのスタイルを代表するモデルであり、2020年9月9日にモデナで行われたイベント“MMXX: Time to be audacious”にて発表しました。このモデナでのワールドプレミアと同時刻に、東京およびニューヨークでも同車両が披露いたしました。

新型MC20(「MC」はMaserati Corseマセラティ コルセの略、「20」はワールドプレミアの年でありブランドの新時代の幕開けの年である2020年を意味)は、誰もが待ち望んでいたマセラティです。最高出力630ps、最大トルク730Nmを発揮する、100%マセラティ開発による新たなV6エンジン「Nettuno(ネットゥーノ)」を搭載し、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は時速325km以上を実現しています。20年以上の時を経て、マセラティはパワーユニットの自社生産を再開いたしました。

MC20は、1,500kg以下の超軽量モデルでありながら、630psの出力を誇り、クラス最高のパワーウェイトレシオ2.33kg/psを実現しています。この驚異的な数字は、快適性を犠牲にすることなく、カーボンファイバーのポテンシャルを最大限に引き出した高品質の素材を使用することで達成されています。

ネットゥーノはMC20に搭載されるツインターボV6エンジンで、既に国際特許を取得している自社開発の画期的な燃焼システムMTC(マセラティ・ツイン・コンバスチョン)を持つ、マセラティの歴史に新たな章を刻むエンジンです。

MC20は、イタリアン・エクセレンスの象徴とも言うべき存在です。MC20はモデナで開発・設計され、80年以上にわたってマセラティの名作が製造されてきたヴィアーレ・チロ・メノッティの工場で生産されます。2019年11月まで「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」が組み立てられていたスペースに新たな生産ラインが整えられ、歴史ある工場の稼働に向けて準備が整っています。また、同敷地内には、環境に配慮した革新的な技術を取り入れた新しいペイントショップも設置されています。ネットゥーノエンジンはモデナに新設されたマセラティ・エンジン・ラボで生産される予定です。

MC20のデザインは、マセラティ・イノベーション・ラボのエンジニア、マセラティ・エンジン・ラボのテクニカル・スペシャリスト、マセラティ・チェントロ・スティーレのデザイナーが一丸となって、革新的なアプローチとともに約24ヶ月で制作されました。

世界最先端のダイナミックシミュレーターを使用したバーチャル・ビークル・ダイナミクス開発システムは、マセラティ・イノベーション・ラボが自社内で開発したもので、バーチャル・カーと呼ばれる複雑な数理モデルをベースにしています。このシステムにより、ダイナミックテストの97%のパフォーマンスを実現し、開発期間を短縮しています。このバーチャル・テストを経て、更にサーキットやロードテストを徹底的に行い、マシンの最終調整が行われました。

MC20のデザインの指針となったテーマは、ブランド設立以来のマセラティのアイデンティティであり、エレガンス、パフォーマンス、快適性のすべてがマセラティの遺伝子を受け継いでいます。そしてパフォーマンスを重視した結果、個性的なフォルムを持つ、他に類を見ない個性的なクルマが誕生しました。

ブランド初のバタフライ・ドアは、目を見張るほど美しいだけでなく、車内の人間工学を改善し、キャビンへのアクセスを可能にする機能的なドアとなっています。空力特性は、ダラーラの風洞実験室での2,000時間以上に及ぶテスト、1,000回以上のCFD(数値流体力学)シミュレーションによって設計され、本物の芸術作品の創造を可能にしました。MC20の美しさを損なうことなく、ダウンフォースを向上させるための目立たないリアスポイラーを装着しています。CX値は0.38以下となります。

また、MC20はクーペモデル、コンバーチブルモデル、フルエレクトリックの全てに対応できるようにデザインされています。インテリアはドライバーが運転に集中しやすい環境ということを第一に設計されています。2つの10インチスクリーンが装備され、1つはコックピット用、もう1つはマセラティ・マルティメディア・システム(MIA)用となります。 カーボンファイバーで覆われたセンターコンソールには、ワイヤレス・スマートフォン充電器、ドライビングモード・セレクター(GT、Wet、Sport、Corsa、ESC Off)、2つのギヤシフト用ボタン、パワーウィンドウ開閉、マルチメディアシステムコントロールなど、すべてが合理的かつミニマルに表現されています。

その他のコントロールはすべてステアリングホイール上にあり、左側がイグニッションボタン、右側がローンチコントロールとなっています。新型MC20は、マセラティ・コネクト・プログラムで常時ネットワークに接続されます。このプログラムでは、コネクテッドナビゲーション、アレクサ、Wifiホットスポットなどのサービスが提供され、スマートフォンやスマートウォッチの専用アプリで管理することも可能です。

外装色には専用色として、MC20を特徴づける6つの新色、ビアンコ・アウダーチェ、ジャッロ・ジェニオ、ロッソ・ヴィンチェンテ、ブルー・インフィニート、ネロ・エニグマ、グリジオ・ミステロを開発しています。全ての色がこのモデル専用に企画、開発、調整された新色で、モデナ工場でペイントされる初のマセラティ・プロダクトです。

そして、視覚的にもコンセプト的にも、2004年にマセラティがレースでカムバックを果たしたMC12からも強い影響を受けており、MC20はMC12の後継モデルとも言えます。先代モデルと同様に、その名前だけでレース魂を明確にしたMC20とともにマセラティはレース界へも復帰をいたします。

ヨーロッパ向けの生産開始は今年度末を予定しており、ワールドプレミア後の9月10日より受注を開始いたします。

1920x1080-1
1920x1080-2
1920x1080-3
1920x1080-4
1920x1080-5
1920x1080-6
もっと見る
no results
1920x1080-7
1920x1080-8
1920x1080-9
1920x1080-10
1920x1080-11
1920x1080-12
もっと見る
no results

マセラティ S.p.A.

マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。