レースへの情熱を象徴する限定車 ー  マセラティ MCエディション2月より順次発売

MC_Edition_hero

モデナ発2022年2月2日 –マセラティは、ブランドの核となる、パフォーマンスの追求とレーシングスピリットを象徴する限定車、MCエディションを発表します。 MCはマセラティ コルセ(Maserati Corse)の略で、サーキットから生まれたスポーティなキャラクターとレースへの情熱を表しています。

マセラティブランドといえば、トロフィーや伝説的なクルマ、歴史に名を遺すドライバーなど、思い浮かぶのはレーシングの世界であり、MCエディションはその栄光の歴史を称える限定車です。

ギブリとレヴァンテ、二つのモデルから選ぶことができ、「究極のドライビングプレジャー」へのこだわりを実現し、最も高い580psを有するV8*エンジンを装備しながら、魅力的なスタイリングと美学が融合します。

また、MCエディションは、96年前にアルフィエーリ・マセラティがタルガ・フローリオの1500ccクラスをティーポ26にて制覇したマセラティのレーシング・ヒストリーの起源を体現しています。それは初めてボンネットにトライデントのエンブレムを掲げ、卓越したパフォーマンス、勝利にこだわる姿勢、そして豪快な運転の楽しさを世界にアピールした瞬間でした。

今回のスペシャルエディションでは、歴史を引き継ぐレーシング体験をギブリ、レヴァンテ、において再現し、Giallo Corse(ジャッロ・コルセ)とBlu Vittoria(ブルー・ヴィットーリア)という専用色を2色用意しました。

専用色と大胆でスポーティなキャラクターにより、マセラティブランドのルーツを外装からも明確に見て取ることができます。

黄色と青色は、スーパーカーの聖地として有名なイタリアのモーターバレーを象徴するとともに、マセラティの本拠地でもあるモデナのオフィシャルカラーでもあります。

Giallo Corseは3層の黄色に、光の加減でかすかに表れるブルーマイカを加え、スポーティで先進的な外観を実現しています。対照的にBlu Vittoriaは3層のマットブルーで極めて深い青色でインパクトをだしながらも、斬新でモダンなカラーにより、鮮明な印象を残します。

外装に合わせて、MCエディションには、ピアノブラック色の特徴的なディテール、そしてリアフェンダーとBピラーに専用バッジが与えられています。また、レヴァンテMCエディションには22インチホイール、ギブリには21インチホイールが装着され、ホイールリムのグロスブラック仕上げとブルーのブレーキキャリパーが完璧なエクステリアを演出しています。

MCエディションのコンセプトである、レースへの情熱やモデナからのインスピレーション、キャビン内のブルーカーボンファイバーのコンポーネントを始めとした内装にも見ることができます。ナチュラルな「ネロ・ピエノフィオーレ・ブラック・レザー(Nero Pienofiore black leather)」と呼ばれる高級皮革の全面に黄色と青色のステッチが施され、またデニムがアクセントとして加えられています。ヘッドレストにはMCエディションのロゴがエンボス加工され、専用エンブレムがコンソール中央に配置されています。

比類なきパフォーマンスと運転の楽しさには外観のインパクトが必要です。MCエディションは、マセラティのルーツを起点として、完璧な「レーシングスタイル」を作り出し、胸の高鳴るレースの感覚と、スーパーカーの聖地として有名なイタリアのモーターバレーのDNAへのオマージュです。

MCエディションは、2022年2月より順次各国で販売を開始します。(日本導入時期は年内を予定)

*中国市場向けには350HP V6エンジンを装備

1_MC_Edition_square
1_MC_Edition_16_9
2_MC_Edition_square
2_MC_Edition_16_9
もっと見る
no results

Maserati S.p.A.

マセラティは、その類例無き個性により、一瞥してマセラティと認識できる唯一無二のクルマを生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、生粋の高級感で、ハイレベルな基準と審美眼をお持ちのお客様を魅了し、世界の自動車業界の見本となってきました。歴史にその名を刻む数々の伝統的モデルは、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性というそれぞれの角度から「イタリアのスポーツカー」を再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。そのラインアップには、フラッグシップモデルのクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、そしてスーパースポーツカーのMC20が名を連ね、いずれも最高品質の素材と傑出した技術をその特長とします。ギブリとレヴァンテには、ブランド初のハイブリモデルが用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載した3つのラインアップがあり、後輪駆動と4輪駆動からお選びいただけます。そして、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで選ぶことのできる、パワフルな580ps V8エンジンを搭載したトロフェオシリーズは、性能面においてマセラティブランドのDNAをより体現しています。更に、最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとしては初となる、F1由来のテクノロジーを採用しています。