マセラティ MY22ラインナップ及び国内販売価格発表-エンブレムロゴを刷新、レヴァンテ ハイブリッドを新たに導入

MY22の特徴

  • エンブレムロゴを刷新
  • レヴァンテにハイブリッドモデルが追加。12月より日本導入開始
  • GT、モデナ、トロフェオの新しい3つのトリムを、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテの3つのモデルに導入

日本発 - マセラティは、11月2日よりモデルイヤー(MY)22の発売を開始します。

MY22モデルの1つ目のハイライトとして、MY22モデルよりエンブレムのロゴを刷新いたします。MY21モデルまでは、フロントボンネットフードに赤青緑白の四色のロゴが使用されていましたが、MY22モデルより白とマセラティブルーの2色使いとなり、よりスタイリッシュになりました。またCピラーのロゴも旧ロゴから新しいトライデントロゴが使用され、これに伴い、リアのレタリングも更新されています。

2つ目のハイライトとして、昨年発表したブランド初となるハイブリッドモデル、 ギブリ ハイブリッドに続き、ブランド初のハイブリッドSUVレヴァンテ ハイブリッドを導入します。レヴァンテ ハイブリッドは、4気筒2リッターエンジンと48Vのハイブリッドシステムを組み合わせ、減速および制動時にエネルギーを回収します。このハイブリッドカーは、従来の6気筒エンジン搭載車(ディーゼル車、ガソリン車)と比較して、車重が軽く、バッテリーをリアに配置したことで、車両の前後重量バランスを最適化しています。レヴァンテ ハイブリッドは、よりスポーティで歓びにあふれたドライブを実現するために設計されました。最高出力330ps、最大トルク450Nmをわずか2,250rpmで発揮し、最高速度240km/h以上、0-100km/h加速6秒という、素晴らしいパフォーマンスデータを有します。(*欧州仕様車参考値)

3つ目のハイライトとして、MY22の投入に合わせて、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテの各モデルにそれぞれ3つのトリムを導入します。新しいトリムは、「GT」「モデナ」「トロフェオ」と名付けられ、お客様からの多様化する要望と期待に応えるだけでなく、マセラティの革新性、性能、デザインを美しく表現するために開発されました。

MY22モデルは11月2日19時以降よりmaserati.comでご覧いただけます。
また全国の各ディーラーでも順次ご覧いただけます。詳細はお近くのマセラティ正規ディーラーにお問い合わせください。

 

新トリム

GT

GTトリムは、マセラティの個性、魅力、エレガンスを際立たせ、都会的でミニマルなアーバンライフスタイルを体現します。ファッションに敏感でありながら、洗練された独自のスタイルを持つ、ダイナミックで好奇心旺盛なお客様を想定しています。ギブリ GT、およびレヴァンテGTは、330馬力の4気筒のマイルドハイブリッドを搭載。また、クアトロポルテGTは350馬力のV6エンジンを搭載しています。エクステリアでは、クロームのインサートを施すことで、いで立ちがより強化される一方、ホイールのリムには合金が使用され、ギブリとクアトロポルテには19インチ、レヴァンテには20インチを装着しています。インテリアは、ギブリ GTにはダークミラートリム、クアトロポルテ GTにはラジカルトリム、レヴァンテ GTにはブラックピアノトリムを採用したレザーコンフォートシートです。

 

モデナ

自分の時間とパーソナリティを最大限に楽しむ手段として、スポーツを愛するお客様のために生まれました。生まれもったエレガンスとダイナミズム、そして運転する楽しさ、これらのバランスを求める人のためのモデルです。ギブリとレヴァンテには、350馬力のV6エンジンを搭載したモデナと、430馬力のモデナ Sをご用意しています。クアトロポルテ モデナには430馬力のV6エンジンが搭載され、モデナ Sには、ブラックピアノのインサートが施されたスポーツバンパーや20インチのアルミホイールリムにより、車の運動性能を高めています。インテリアに関しては、レヴァンテとクアトロポルテにブラックピアノトリム、ギブリにはダークミラートリムのインテリアを採用し、スポーティなラップアラウンドレザーシートを採用することで、ブランドらしい運転する楽しさを演出しています。モデナ Sには、ネリッシモ・パックとレッドブレーキキャリパーが装備されています。

 

トロフェオ

トロフェオは、マセラティの個性である最大限のパフォーマンスを表現します。快適性を犠牲にすることなく、しっかりとパフォーマンスにフォーカスしています。このトリムは、パッケージ、そして何よりもパフォーマンスの点で最上位に位置します。これは、580馬力の強力なV8ツインターボエンジンによるものです。カーボンファイバー製のトリム、21インチのアルミホイールリム、レッドのブレーキキャリパーがエクステリアを完成します。インテリアは、フルグレインの “Pieno Fiore”天然皮革を使用したスポーツシートを備えた豪華なものとなっています。

ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテ それぞれのトロフェオトリムは、より高性能で高速でありながら、常にエレガントで安全であるという究極の次元に到達しました。3つのアイコンであるサイドエアダクトのすぐ上には、それぞれのトリムのバッジ(GT、モデナ、トロフェオの名称)が表示されます。インテリアでは、センタースクリーンに新しい「Maserati」のレタリングが施され、ヘッドレストには新しい「Trofeo」のロゴが配されています。


【2021.11.2現在 モデル価格一覧】

MODEL 車両本体価格
Levante GT ¥11,340,000
Levante MODENA ¥13,140,000
Levante MODENA S ¥15,580,000
Levante Trofeo ¥21,280,000
Ghibli GT ¥10,210,000
Ghibli MODENA ¥11,920,000
Ghibli MODENA S(RWD) ¥13,990,000
Ghibli MODENA S(AWD) ¥14,790,000
Ghibli Trofeo ¥18,400,000
Quattroporte GT ¥13,570,000
Quattroporte MODENA (RWD) ¥17,120,000
Quattroporte MODENA (AWD) ¥18,120,000
Quattroporte Trofeo ¥23,500,000

Maserati S.p.A.

マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。

各種お問い合わせ

最寄りの正規ディーラーへお問い合わせの方はこちらからご依頼ください。
お問い合わせする