Maserati meets CANOTWAIT_ マセラティ、ウィリアム・チャンとコラボレーションしたフオリセリエ限定車「ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス」を発表

  上海発 - マセラティは、中国のストリートファッションブランド「CANOTWAIT_」とのコラボレーションにより、限定車「Ghibli Hybrid Love Audacious (ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャス)」を発表しました。中国で活動をする香港出身の俳優、歌手、トレンドセッターとして知られるウィリアム チャンが2020年に設立したファッションブランド「CANOTWAIT_」は、ストリートファッションに留まらず、若い富裕層の間で大きく注目されているブランドです。

この特別なギブリ ハイブリッドは、マセラティのカスタマイズプログラム「マセラティ フオリセリエ」によって誕生したもので、オーダーするお客様の個性を細部にいたるまで表現します。大胆な新しいブランドボイスのもと、トレンドを意識し、常識を覆し、スタイルを貫く- マセラティ フオリセリエ プログラムは、お客様がご自身のストーリーを描くためのキャンバス、つまりお客様の創造性を解放する手段となるために生まれました。そして、このギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスは、まさにウィリアム チャンの個性を現した1台となりました。

発表となった5月20日(520)は中国では愛を意味する数字で、「I love you」というメッセージが込められ、この日は中国では愛を祝います。この特別な日への頌歌として、イタリアン・パフォーマンスと中国の愛に触発されたスタイルが融合しました。

ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスの外観でまず目を引くのは、新しい特別なエクステリアカラーのディジタルオーロラです。

ディジタルオーロラは、モデル名となった両ブランドの共通のコンセプト "Love Audacious "から生まれたユニークなエモーショナルカラーです。日の出と幻想的なオーロラの光からインスピレーションを得たこの色は、燃えるようなパープルに、静謐さと安らぎをもたらす青みがかった色をブレンドしています。この三層コーティングに、大胆かつ実験的ピンクのガラスフレークが加えられ、視覚的にディジタル効果を生み出し、時代感を表現しています。

CANOTWAIT_とマセラティは、アイディアとカラーパレットをもとに、フオリセリエのコルセ(CORSE)、ウニカ(UNICA)、フットゥーラ(FUTTURA)という3ラインのうち、トレンドを表現するウニカコレクションを選び、この希少なエディションのための専用エクステリアペイントを開発したのです。

このフオリセリエ・エディションでは、外装色のパープルが特徴的なカラーとなっています。この特別なエクステリアカラーは、高級感や独自性を連想させるだけでなく、神秘性や希少性を羽のように軽く表現するために選ばれたものです。若くて大胆なストリートファッションブランドとマセラティの大胆さとの融合をまさに表現した色であるとともに、パープルはウィリアム チャンのお気に入りの色のひとつでもあります。

ギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスのエクステリアを完成させるのは、カスタマイズされたCANOTWAIT_のロゴバッジです。1つは、マセラティのシンボルである3連のサイドエアベントのすぐ上に、もう1つはインテリアに装着され、より一層のエクスクルーシブ性を強調しています。

5月20日(520日)に上海で開設するポップアップストアでは、この限定車の構想やインスピレーションから最終的な生産に至るまでの道のりを体験できるようになっています。

なお、このギブリ ハイブリッド ラブ オーダシャスは、中国市場において8台限定で販売されます。

Maserati S.p.A.

マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。

各種お問い合わせ

最寄りの正規ディーラーへお問い合わせの方はこちらからご依頼ください。
お問い合わせする
※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。