マセラティ ボーラ 発表から50周年を迎える

モデナ発 – マセラティ初のミドシップ・スポーツカーであるボーラが発表から50周年を迎えました。

トリエステ地方に吹く強風‘ボーラ’は、50年の時を経て、マセラティブランドの新時代の幕開けへと吹き込んできました。マセラティの新時代におけるすべてのモデルがブランドの伝統であるスポーティさ、見紛うことのないデザインを受け継いでいますが、ティーポ63、MC12と繋げられてきたこのミドマウント・エンジンのレイアウトは今、MC20へと継承されます。

マセラティ ボーラは1971年3月11日、ジュネーブ国際モーターショーでデビューした後、1978年まで生産され、564台が製造されました。

当時、F1レーシングカーに革命をもたらしたトレンドを受けて、マセラティはイタルデザイン社のジョルジェット・ジウジアーロに、性能、デザイン、快適性、安全性を高めたミドマウント・リアエンジン・スポーツカーの開発を依頼しました。

エンジンは、最高出力310ps/6,000rpmを発揮する4,700ccのV8エンジン(2年後には4,900ccのユニットを追加)で、モノコックに連結されたサブフレームに縦置きというレイアウト、空気抵抗を低減させるためのリトラクタブル・ヘッドライト、リア・アクスルの突き出たデファレンシャル、マセラティとして初めて採用した四輪独立懸架、4輪ディスク・ブレーキ、乾式シングル・ディスク・クラッチ、5速ギアボックス、テレスコピック式サスペンション・ダンパーなどが備えられていました。

ボーラは、最高速度は280km/hを超えながらも、エンジンの俊敏なレスポンスと静かな室内空間により、快適性とパフォーマンスを両立させていました。

エンジニアリング・デザインはジュリオ・アルフィエーリが、エアロダイナミクスとスタイリングはジョルジェット・ジウジアーロが担当、非常にバランスのとれたシンプルでエレガントなラインで構成された2シータークーペです。

そのデザイン・アプローチは未来的で、空気を切り裂くように低めに位置するスレンダーなテーパー状のフロントデザインは、二つの長方形のエアベントを持ち、その中央にトライデント。美しいサイドラインには、ボディ上下を分割するかのように配されたブラックラバーのトリムがリアまで回り込んでいます。

この結果、70年代のロックンロール・スピリットに受け入れられた流線型の車が誕生し、今もファンを魅了してやみません。

もっと見る
no results
もっと見る
no results
もっと見る
no results
もっと見る
no results

Maserati S.p.A.

マセラティは、並外れた個性で全車種において即座に認識できる唯一無二の車を生産しています。そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、マセラティは最も目の肥えた人々と、彼らの洗練された趣向を満たし、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70を超える国々で入手が可能です。現在のラインアップは、旗艦車・クアトロポルテ、マセラティ初の電動車となるハイブリッドを新たに設定することとなったスポーツセダン・ギブリ、そして、マセラティ初のSUVであるレヴァンテとなり、すべてのモデルに最高品質素材を使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。V6およびV8ガソリン、4気筒ハイブリッドおよびV6ディーゼルパワープラント、後輪駆動および4輪駆動を含む、全車種の威信は、強力な580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成される新しいトロフェオコレクションの導入によって、さらに強化されました。最高級の新型スーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティシリーズは3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルリアスコ(トリノ)のアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。新型スーパーカーMC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています

MC20: 新たな時代を刻むモデル
トライデントの故郷からお送りする、新型マセラティ スーパー スポーツカーの最新情報を入手するためには、こちらで登録。
全ての必須項目をご記入ください
プロフィール
*
*
*
*
有効なメールアドレスをご入力ください
*入力必須項目
※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。