レヴァンテ トロフェオ トリコローレを発売(全国限定5台)

⚫ 「レヴァンテ トロフェオ トリコローレ」を全国限定5台で発売開始
⚫ シートのセンターには白地に「MMXX」のデザインを加え、内外装共にイタリアのトリコロール旗に敬意を表す

マセラティ ジャパン株式会社は、2020年というブランドの幕開けとともに、イタリアすべての工場での生産再開を祝し、美しい手描きのトリコロールのカラーリングが施されたレヴァンテ トロフェオの限定モデルを発売いたします。

今回の限定モデルである、レヴァンテ トロフェオ トリコローレは、MC20の生産が開始されるモデナの歴史的な工場で、手作業で1台1台慎重に塗装されています。イタリアの国旗をモチーフにした三色のカラーリングは、表面が完全に均一かつ滑らかで光沢のある仕上がりを保証するために、最終的なクリアコーティングが実施される前に塗装されています。

グリジオ・マラテアのエクステリアに、ネリッシモ・パックと22インチのオリオーネ・ブラック・ホイールを装備し、レヴァンテ トロフェオのスポーティさを完壁に強調しつつ、そのカラーリングを非常に特徴的な要素として際立たせています。

インテリアは、黒のピエノフィオーレレザーに赤と緑の本モデル限定の特別なステッチが施されます。またシートのセンターには白地に「MMXX」のデザインを加え、内外装共にイタリアのトリコロール旗に敬意を表しています。

レヴァンテ トロフェオ トリコローレ
車両価格 24,000,000円(税込)
全国限定 5台

特別装備内容

  •  トリコローレ スペシャル・デザイン
  •  トリコローレ スペシャル・インテリア
  •  メタルシェント・ペイント
  •  ネリッシモ・パック
  •  22インチ オリオーネ・スタッガード・ダークミロン(鋳造ホイール)
  •  レッド・キャリパー
  •  ハイグロス・カーボン・ファイバー・トリム
  •  カーボン・シフト・パドル
  •  フォーゾーン・クライメート・コントロール
  •  Bowers & Wilkins 高性能サラウンド・システム
  •  電動リア・サイド・サンブラインド
  •  トラフィック・サイン・レコグニション
  •  キック・センサー

Maserati S.p.A.

マセラティは、並外れた個性で全車種において即座に認識できる唯一無二の車を生産しています。そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、マセラティは最も目の肥えた人々と、彼らの洗練された趣向を満たし、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70を超える国々で入手が可能です。現在のラインアップは、旗艦車・クアトロポルテ、マセラティ初の電動車となるハイブリッドを新たに設定することとなったスポーツセダン・ギブリ、そして、マセラティ初のSUVであるレヴァンテとなり、すべてのモデルに最高品質素材を使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。V6およびV8ガソリン、4気筒ハイブリッドおよびV6ディーゼルパワープラント、後輪駆動および4輪駆動を含む、全車種の威信は、強力な580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成される新しいトロフェオコレクションの導入によって、さらに強化されました。最高級の新型スーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティシリーズは3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルリアスコ(トリノ)のアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。新型スーパーカーMC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています

※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なる場合があります。