マセラティ、ANDROID AUTO™に対応― 「クアトロポルテ」「ギブリ」「レヴァンテ」の3レンジ ―

マセラティ ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、Google Android Auto対応の車載ディスプレイをマセラティモデルに搭載します。

対象は、2016年6月以降に生産されるマセラティモデルのうち、フラッグシップ4ドアセダン「クアトロポルテ」(4モデル)、ミドルサイズのスポーツラグジュアリーセダン「ギブリ」(4モデル)、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」※(3モデル)の3レンジ11モデルです。

本サービスでは、ダッシュボード中央に位置する8.4インチ画面「マセラティ タッチ コントロール プラス(MTC PLUS)システム」にAndroidスマートフォンの機能を映し出し、クルマの多くのシステムや機器に簡単にアクセスできます。Google Maps™、音楽再生、音声認識によるハンズフリー操作など、ドライブスタイルを変えるさまざまな次世代サービスをMTC PLUS画面で快適にお楽しみいただけます。

なお、この「クアトロポルテ」「ギブリ」「レヴァンテ」※の3レンジは、同様にアップル社の車載情報システム「Apple CarPlay™」にも対応しています。

 

対象車種:2016年6月以降に生産される「クアトロポルテ」「ギブリ」「レヴァンテ」※

クアトロポルテ    クアトロポルテ GT S/クアトロポルテ S /クアトロポルテ S Q4/クアトロポルテ
ギブリ    ギブリ S/ギブリ S Q4/ギブリ/ギブリ ディーゼル
レヴァンテ    レヴァンテ/レヴァンテS/レヴァンテ ディーゼル
※「レヴァンテ」「レヴァンテS」の国内導入は2016年9月頃を、「レヴァンテ ディーゼル」は2017年春を予定しています


※ Android Autoを利用するには、Android5.0(Lolipop)以上のOSが必要です